HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/4720/

片井みゆきさんのおすすめ大豆 素敵な女医50人の美の秘密File8

桜の開花予想がとうとう出ましたね。

新入生だったのも、新入社員だったのも、遠~い遠~いとお~い(しつこい?)昔のことですが、桜の季節はフレッシュな気分がよみがえるギリコです。

素敵な春をエンジョイするには、当たりまえですが健康が一番。それには毎日のケアこそ肝心です。

 

それを実践なさっているのが片井みゆきさん。

「まだ更年期の症状はありませんが、バランスのよい食事、適度な運動、質のよい睡眠を心がけています。女性ホルモン様作用があるイソフラボン摂取のため、大豆食品をよく食べています」

片井さんおすすめの大豆製品がこちら!「せいみの蒸し大豆

せいみの蒸し大豆

紀ノ国屋スーパーマーケットで売っている、ということだったのでさっそくゲット。

封を開けて、その香りにびっくりです。なんだか茹でたてのとうもろこしのようなにおいがしますよ。

一粒食べてみてさらにびっくり! まるで甘栗のよう。甘くてホクホク。このままでも十分イケます。

 

とはいえ、ここで終わっては記事がおわってしまう……。どうしよう?

ふと思い立ち大豆のおこわを炊いてみました。

 

 

もちごめ4にうるち米6をといで、市販の味付き油揚げとにんじん、塩少々を入れて炊きます。

炊き上がったら「せいみの蒸し大豆」を加え、さっくり混ぜて10分ほど蒸らします。

(油揚げにしっかり味がついているので、他に調味料は入れません)

はい、完成です!

 

大豆のおこわ

やはり大豆の甘さとホクホク感がたまりません。

「お。炊き込みご飯?今日は手がこんでるねぇ」といわれましたが、もちろんタネあかしはしません。こういうときは「そうだよ、今日はがんばったんだからね!」と、威張るギリコです。

大豆のおこわは、あっという間になくなりました。

 

 

おこわに使ってもまだたくさん残っている、蒸し大豆。

今度はひじき煮にいれてみようかな。

 

 

片井みゆきさん

片井みゆきさん

女性専門外来・内分泌代謝内科
(東京女子医科大学東医療センター日暮里クリニック)

 

●MyAge 2014 Spring 好評発売中!

ほかにも「素敵な女医さんの”自分のために”していること」を本誌で紹介しています!

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル