HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/94778/

Part 2/初診からHRTを受けるまでの流れ①:医療機関への予約~受診・問診

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

Part2

真っただ中の人に朗報

 

あの手この手で

更年期もHAPPYに過ごす!

 

 

今までとは違う疲労感、不眠、だるさ、のぼせ、多汗…、さまざまな症状が出ている人こそ、目をそらさずに向き合ってください。

 

約10年間の更年期をネガティブになることなく快適に過ごす方法と、元気で素敵な60代、70代にステップアップするための知恵を身につけたい!

 

 

 

 

足りなくなった女性ホルモンを薬で補う!

HRT(ホルモン補充療法)を知る

 

更年期の不調改善法の最右翼といえば、HRT。自費診療のイメージが強いのですが、健康保険が適用になる治療法です。

 

ここでは、具体的に初診からHRTを受けるまでの流れを3回に分けてご紹介。

今回は、1:医療機関への予約~2:受診・問診までの流れについてです。

 

 

 

 

myage_010_058-根本治療HRT黒猫イラスト

根本治療 HRT

HRTを受けることは
本当の意味で健康になること

 

 

治療を切望しても、その場ですぐに処方してもらえるわけではないのがHRT(ホルモン補充療法)。がんなどはもちろん、病気が潜んでいることを知らずに始めたら、それを促進する危険性もあるからです。

 

「たまに、いきなり『ホルモン治療受けたいんですけど』という患者さんがいますが、『その治療が必要かどうか、可能な状態かどうかしっかり診させていただき、医師が必要だと判断したら出します。それでよろしいですか?』と聞きます。『いや、お薬だけ出してほしいんです』とか『検査は嫌です』と言われたら丁重にお断りします。医師としての責任ですよね」(宮沢先生)

 

事前検査は多岐にわたることが多く、治療中も年に1度の検診が必要。それも更年期の健康維持のため、毎年忘れずに検査を受けられてラッキーだと思いましょう。

 

 

次ページに続きます。

 

1:医療機関・クリニックへ予約

HRTを希望する場合は、実施しているかどうかを事前に確認。保険適用か自費診療なのかも確認しましょう。ただし、自分が治療を受けられるかどうかは診察や検査次第。事前にはわからないので注意して

HRTを希望する場合は、実施しているかどうかを事前に確認。保険適用か自費診療なのかも確認しましょう。ただし、自分が治療を受けられるかどうかは診察や検査次第。事前にはわからないので注意して

 

 

■HRTを実施しているかどうかの目安■

 

●HRTに詳しい医師がいる。
●「更年期外来」を掲げている。
●日本女性医学学会や更年期医療関連団体の認定医リストに掲載されている。
●カウンセリングに時間を割いてくれる。
●外来患者に更年期世代の女性が多い。
●HPなどで更年期について詳しく語られている。

 

 

 

 

2:受診・問診

初診では、問診票への記入や医師による聞き取りが行われます。更年期症状の疑いがあればいろいろな検査を実施。乳がん検診など、検査によっては他の医療機関を紹介されることも

初診では、問診票への記入や医師による聞き取りが行われます。更年期症状の疑いがあればいろいろな検査を実施。乳がん検診など、検査によっては他の医療機関を紹介されることも

myage_010_058-04_web%e7%94%a8

 

 

■初診までに整理しておくこと■

 

●気になる症状の情報(いつからどのように)。
●月経の周期や月経期間(最終月経の開始日も)。
●これまでかかった病気。
●家族の病歴。
●現在飲んでいる薬。
●直近の健康診断や人間ドックの検査結果。

 

 

 

 

 

宮沢あゆみさん Ayumi Miyazawa

myage_010_056-宮沢あゆみさん

ジャーナリストから医師へ転身。

都内病院勤務を経て、女性外来「あゆみクリニック」を開業。

思春期から更年期までの女性のトータルケアに力を注ぎ、

「じっくりお話を聞いて一緒に治療法を探したい」という熱血ドクター。

働く女性のために夜間や土曜も診療。

http://www.ayumiclinic.com

 

 

 

東舘紀子さん Noriko Higashidate

myage_010_056-東舘紀子さん

1953年生まれ。

1987年から、東京女子医科大学附属成人医学センターの

婦人科にて外来を担当。

女性医学、更年期医療に積極的に取り組む。

25年以上前からHRTを推進して女性の健康寿命を延ばすことを啓蒙し、

年間400人以上にHRTを処方。

http://www.twmu.ac.jp/IOG/

 

 

 

 

 

次回は、初診〜HRTを受けるまでの流れ3:HRTの必要に応じた検査、について詳しくご紹介します。

 

 

 

イラスト/平松昭子 構成・原文/蓮見則子

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第26回/Part 2/HRT(ホルモン補充療法)を知る②不調を感じたら、まずは婦人科へ!

次の記事>

次の記事>
第28回/Part 2/初診からHRTを受けるまでの流れ②:検査で見極める

この連載の最新記事

Part 2/日常生活の中でできる更年期セルフケア②

第38回/Part 2/日常生活の中でできる更年期セルフケア②

Part 2/日常生活の中でできる更年期セルフケア①

第37回/Part 2/日常生活の中でできる更年期セルフケア①

Part 2/注目の更年期ケア・最新事情③全身温熱療法「ソアラα」

第36回/Part 2/注目の更年期ケア・最新事情③全身温熱療法「ソアラα」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル