HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/296899/

ロックのレジェンド矢沢永吉50周年ライブに行きました!

すぎ

すぎ

趣味は好きなバンドのライブ追っかけをしながら、全国のおいしいものを食べること。
摂生のストレスよりも心の健康を一番に、楽しい! 幸せ! と思える毎日を送りたいと思っています。(ただ自分に甘いだけ……かも?)

記事一覧を見る

こんにちは。米津玄師の東京体育館公演がリセールで当たり、堪能してきたライブ大好き編集者のすぎです。さいたまスーパーアリーナとか神戸とか、いろいろエントリーしてたけど、一番行きたかったところが当たって幸せでした!

 

さて、米津玄師からさかのぼること約1カ月。8月27日(土)に永ちゃんのデビュー50周年記念ライブに行ってきました。

新国立競技場

新国立競技場で行われる初の有観客単独ライブ。新国立競技場の中に入ってみたかったという動機もありました。

 

こちらのチケットも公式トレードでゲット。不正転売禁止法のおかげで買い占めが減り、人気の公演も当たるチャンスが増えているのかもしれません。

矢沢永吉チケット

実際には電子チケットなのですが、入場時にメモリアルチケットがもらえました。粋な計らいですね。

 

私は永ちゃんについては熱烈なファンというわけではないけれど、やはりロックのレジェンド。

過去にも東京ドームや武道館、2007年にBUMPとACIDMAN目当てで行った北海道のライジングサン・フェスなどで観て、カッコイイなぁとは思っていました。

(ライジングサンでは、近くにいた若者が永ちゃんのステージに「やばい、やばい」を連発していて、その「やばい」ってほめ言葉だよね? 感動してるんだよね?と、変わりゆく日本語の意味を実感した思い出があります)

 

東京公演では、開演前に「矢沢永吉ミュージアム」という記念の展示が見られるというので、早めに会場に行くことにしました。

矢沢永吉ファン

ザ・永ちゃんスタイルの正装ともいうべき、白いスーツにパナマ帽というオジサマ方や、黒いTシャツに白いサスペンダーの方々、E・YAZAWAのロゴを散りばめた生地で特別にあつらえたであろう浴衣姿の3人組マダム(写真を撮らせてもらえば良かった・・)などなど。今日はファンにとってもハレの日なんだと思うと、私まで嬉しくなってきます。

矢沢永吉ミュージアム チケット

ミュージアムは、レシートのような整理券をもらい、QRコードを読み取ると、順番が来たらメールで呼び出してもらえるというシステム。世の中、進化してますね。

 

 

その待ち時間を利用して競技場の周りを1周してみたところ、

矢沢永吉巨大パネル

 

矢沢永吉パネル

カッコイイ過去写真の大きなパネルとか、

矢沢永吉フラッグ

永ちゃんのフラッグとか、撮影スポットが満載。会場全体が祝祭感に満ちていました。

矢沢永吉ツアートラック

お約束のツアートラックも2台。裏から見ても派手ですね~。

 

ミュージアムはコンパクトなスペースながら

矢沢永吉ミュージアム

使い込まれたマイクスタンドや、過去のテレビ台本。

矢沢永吉衣装

40点以上もの衣装。

矢沢永吉ミュージアム ギターとバイク

愛用のギターやバイク等々。

撮影OK、ブログへの掲載OKという太っ腹企画だったので、ガンガン撮影してしまいましたよ。

 

 

そしてライブは18時にスタート。

私はスタンドの上の方の席ではありましたが、会場を横長に使うステージセットのほぼ正面でとても近く感じたし、傾斜も急で、かなり見やすかったです。

 

6万人を相手に、堂々たる歌いっぷりの永ちゃん、72歳。(9月14日で73歳に!)。

ちゃんと鍛えているであろう肉体で、ロックは盛り上げ、バラードはセクシーに。

全23曲中、実は6曲ぐらいしか知らなかったのですが、そんなことも気にならないぐらいの表現力で聴かせてくれました。

 

予告されていたゲストのMISIAの歌声はもちろん素晴らしく、そこに余裕で声を重ねてデユエットする永ちゃん、かっけ~。

そして1曲だけ歌ったら、サラリと退場してしまうMISIA。なんて贅沢なの~。

(翌日はB’zがシークレットゲストとして登場し、『ファンキー・モンキー・ベイビー』を含む2曲をコラボしたというニュースに、うわ~、それも観たかった~とは思いましたが)

 

火柱はバンバン上がるわ、少しでもファンの近くに行くために、白いキャデラックのオープンカーで会場を1周してくれるわ、花火は打ち上がるわ、思い切り派手な演出も面白く。

 

キメキメのロックスター然とした振る舞いの一方で、「武道館と同じようなつもりでいたら、遠くて全然間に合わなくて焦ったよ。やっぱ広いねぇ」と、花道から慌ててステージに戻るお茶目なシーンも(笑)。

 

「50年経った今も、夏の野外で、6万人もの人たちの前で歌えるなんて、本当に嬉しいです。感謝してます」

 

この先も決して離れることはないであろう、大勢の熱いファンをがっちり掴んでいる永ちゃんでさえ、ここに立っていることを決して当たり前だとは思っていないんだ。

そんな謙虚なMCに、人としての魅力も感じました。

 

アンコールのラストは、『止まらないHa~Ha~』で、恒例のタオル投げ。タオルを持っていない私はエアーで参加(笑)。楽しかったな~。

唯一残念だったのは、やはりタオル投げの定番曲『トラベリン・バス』が、私の行った初日だけ演奏されなかったこと。(その後のライブで、「めちゃくちゃ苦情が来た」と話していたそう。笑)

聴きたかったな~。

 

50周年スタジアムライブの余韻もさめないうちに、11月11日からの全国ツアー17公演も発表され、年末の武道館4DAYSで、武道館ライブはなんと150回目。

 

桁外れの伝説は、まだまだ続くのですね。リスペクト!

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第430回/モフモフが大好きな人に『幸せホルモン』が増える季節がやってきた!?

次の記事>

次の記事>
第432回/今、話題の富山! ワインの収穫祭もすごいことになっていて、絶景とワイン、料理に痺…

この連載の最新記事

『光る君へ』の世界をますます楽しめる3点セットを発見!

第583回/『光る君へ』の世界をますます楽しめる3点セットを発見!

春の終わりの❝だる重❞不調を整えたい!「サウナ瞑想」って?

第582回/春の終わりの❝だる重❞不調を整えたい!「サウナ瞑想」って?

歯周病リスクが高い50代、毎日のケアにジェットフロスを投入してみた

第581回/歯周病リスクが高い50代、毎日のケアにジェットフロスを投入してみた

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル