HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/lifestyle/340843/

いよいよマッチングアプリにトライ!でも…

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

連載「負けない、メゲない。60代「NYでパートナー探し」の道」の関連トピックに特化した発信をThreadsでやっています。興味をもっていただける方は、是非フォローしてくださいね!

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

夫と協議離婚することになった杉本佳子さん。その協議中にも、仲裁を担当する弁護士に「もう新しい相手探してる?」と聞かれ、軽くショックを受けます。いよいよマッチングアプリにトライして、新しい相手を探すことになりますが…

ニューヨークで結婚して離婚する場合、双方が弁護士をたてる必要があります。
裁判に持ちこむとお金がかかるので、夫は裁判に持ち込むより安くすむ(といっても、100万円以上かかりました!もちろん、その費用を負担したのは離婚を要望した夫です)協議離婚を望み、私はそれに応じました。

NYの風景

 

協議離婚の場合は、ミディエーターとよばれる仲裁を担当する弁護士が別途つきます。
その弁護士は私より少し若いか同年代と思しき白人の女性でした。
彼女も子供が1人いる離婚歴のある女性でした。

 

何ヶ月かにわたって夫とその弁護士と3人で会ったのですが、ある日夫がトイレで席を外すと、彼女はすぐさま私に、「もう新しい相手探してる?」と小声で聞いていました。
当時の私は、夫が気が変わって戻ってきてくれたらいいのにと秘かに思いながらしぶしぶ協議に応じていたので、「え~探してないです」と言いました。
すると彼女は、「え~なんで~?私なんて、夫と離婚協議が始まるや否や、すぐに探し始めたわよ!」と言いながら、スマホの画面で探すしぐさを見せました。

 

彼女の場合も夫が離婚を希望したようだったのですが、離婚が確定していなくても、相手に結婚を継続する意思がないとわかった途端に新しい相手を探し始めるって、それもニューヨークならではなのかなぁ、そんなふうによくドラスティックに気持ちの切り替えができるなぁ~と当時の私は思いました。

 

私が初めてマッチングアプリにトライしてみたのは、別居し始めて1年くらいたった頃。
当時は、eHarmonyと Matchが主流な感じでした。
そこでマッチした数人の人と会い、お互い気に入った人もいたのですが、特にいいと思った人がうつ病であることに気づき、マッチングアプリを続ける意欲をなんとなく失いました。

 

その後は経済的にも苦しくなり、ティーンエージャーの息子がいて借金まみれで半年後にどこに住んでいるかもわからないような女とつき合いたい人なんていないだろうと思い、何年もの間、探すことすらしませんでした。

 

女性の中には、経済的に困った時ほど相手を探す人がいるようですが、私はお金に困っている時に探しても、ろくなことにならないと思っていました。

 

お金はもちろん大事です。
私が当時お金に困ったのは、夫が稼げなくなっていたからで、結婚していた時も一時期を除いた大方の年数は、常にお金の心配をしないといけない状況でした。
なので、もうああいう思いは二度としたくない!お金をちゃんと稼げる人でないと絶対に嫌!という思いは強くありました。

 

でも経済的に頼らないとやっていけない状況の時に、経済的に頼れる男性をつかまえたい!ということになると、話は違うと思います。
経済的に面倒をみてもらっているのだからと、不本意なことでも妥協したり嫌なことを我慢しなければいけなくなったら、それは健全で幸せな関係とはいえないでしょう。

 

「類は友を呼ぶ」ということわざがありますよね。
下心がある状態で人に近づいたら、先方もなにかしらの下心をもっていると思った方がいいと思いました。

 

当時は家を売りに出していましたが、その家もなかなか売れなかったので、まず新しい住まいに落ち着いてからにしようと思い、新しい相手探しはいったん棚上げすることにしました。

 

幸い仕事がずっと忙しかったのは救いでした。
私は20代初めの頃から「自分の食い扶持は自分で稼ぐ」と思っていて、男の人に養ってほしい、専業主婦になりたいと思ったことがありませんでした。
たとえお金持ちの男性と結婚したとしても、離婚したり夫が失業したり怪我や病気になって働けなくなったりする可能性はありますから、自分の自由になるお金をもっていることは非常に大事と常々思ってきました。

 

仕事に一生懸命になり過ぎて夫婦生活をおろそかにしてしまったことは否めませんが、そのくらい仕事してきたから今があることも否めません。
最終的に頼りにできるのは自分だけです。
何があっても仕事を手放さなくてよかったと心から思っています。

アメリカのTV番組?

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/夫が出て行った後、頼ったのは…

この連載の最新記事

いよいよマッチングアプリにトライ!でも…

第4回/いよいよマッチングアプリにトライ!でも…

夫が出て行った後、頼ったのは…

第3回/夫が出て行った後、頼ったのは…

初めてセックスセラピストにかかる

第2回/初めてセックスセラピストにかかる

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル