HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/more/318196/

【小野アムスデン道子さんに相談!】海外旅行に行きたいけど長時間のフライトが苦手。脚がむくんでツラい…どうしたらいいでしょうか?

3年ぶりに海外旅行に行くぞー♪と盛り上がっているけど、久々の長時間フライトがちょっと心配な人も多いのでは?「OurAge賢者」6人のうち、今回は日本旅行作家協会会員で、旅行ライターの小野アムスデン道子さんに、長時間フライトの快適な過ごし方をお聞きしました。ぜひGWの旅行に役立てて!

 

小野アムスデン道子
日本旅行作家協会会員。世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランス・ライターへ。旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。OurAgeでも「大人ならではの旅の楽しみ方」を提案する連載「世界中からいただき!美&元気のモト」が大好評。夫は米国人男性、米国ポートランドと日本を行き来しながらの生活を送っている

 

 

<お悩み>長時間のフライトが苦手です。混んでギュウギュウのエコノミークラスに12時間乗ったときは、脚がむくんでツラくて仕方なかったです。長時間フライトの際、どうすればいいのでしょうか?

 

〈回答〉
長時間のエコノミーフライトの強敵「むくみ・冷え・乾燥」に工夫で対処。時差ぼけ回避も意識して。

 

「GW、3年ぶりにヨーロッパへの海外旅行を予約したわ!」と心弾んでいる方も多いのではないでしょうか。しかしー、燃油の値上がりもあって航空券もいいお値段。長時間でもエコノミーフライトでとなれば、快適に過ごすには一工夫もふた工夫も必要です。

 

①むくみ予防には足を載せる荷物を置ける席選びから
座ったままで足がむくむのは、同じ姿勢で血流が滞るから。できるだけ席では足を上げて、さらにと時々はくるぶしを回したり、かかとを上げ下げする運動をすることで、だるさはかなり予防できます。

 

私はできるだけ足を高い位置にするために、足を載せてもいい荷物(リュックなど)をビニールなどでくるんで前の席の下に置き、できるだけリクライニングをし、機内では靴を脱いでリラックスします。非常口席やバルクヘッドといわれる壁が前にある席は足元は広いのですが、この荷物を置くのがやりにくいので私は避けています。

 

それでも、飛行機を降りる際には、足がむくんで「あれっ靴が履きにくい」と思うことも。できたら飛行機に乗る際はスニーカーなど楽な靴で。また、使い捨てのスリッパがあれば、お手洗いの際に脱ぎ履きしなくて済むので機内で快適に過ごせます。

 

②飛行機に乗って気づく寒さ!事前準備にストール1枚
特に暑いところから飛行機に乗り込む時に、うっかりと軽装で乗ってしまって、ブランケットをかぶっても寒さに震えた経験がありませんか?飛行機内の気温は22℃〜26℃に設定されていて、コロナ対策もあって空気の吹き出し口も開けてあるので、思ったより寒いもの。

 

寒さ対策になる羽織ものをさっと出せるようにしておきましょう。できれば首が詰まった状態にできるものが、暖かくていいですね。ストールは寒さ対策にもなりますし、二重巻きにすれば、ちょとしたネックピローのような感じで首の支えにもなるので便利です。

機内持ち込み用ストール_ZARA

↑小野さん愛用のストール、素材はウール。「機内は暗めなのでワインをこぼすなど、汚しがち。なので洗えて暗い色のものがおすすめです。ウールだと膝かけにも」

機内持ち込みストールの巻き方

↑上のストールの使い方。「薄手なのに暖かく、200cm×60cmのいわゆる大判ストールなので、巻物にも羽織りものにも使えて便利です」

 

③機内の大敵、乾燥対策も抜かりなく
外気がマイナス50℃になることもあるという上空の外気。結露を防ぐために、機内は湿度が低く保たれていて20%程度なのだとか。長時間のフライトでお肌はかなりダメージを受けてしまいます。

 

私は飛行機に乗る前には、メイクを落としてクリームやオイルでの保湿を十分にするように心がけています。機上で必要になるコンタクトレンズケース、携帯歯磨きセット、小さな容器に入った保湿クリームやオイル、リップクリーム、イヤホン、ポケットティッシュ、携帯お手拭きはいつも小さなポーチにまとめて、手荷物に入れてます。また、水分もなるべく取るようにしましょう。

 

機内持ち込みポーチ

↑小野さんのポーチ。航空会社からもらったポーチは軽く、意外と物が入るそう

 

さて、飛行機を降りて楽しく旅を始めるために、降機した現地の時間になるべく合わせる過ごし方を意識しましょう。到着が日本の夜中や早朝で、現地はその日から1日が始まることも多いので、1回目の食事の後はなるべく睡眠をとりたいもの。アイマスクや音が気になる方はノイズキャセリング耳栓などを使うと助けになります。

 

また、降機の遅くとも1時間半ぐらい前からは降りる際の準備を。歯を磨く、ミントなど香りを嗅いで気分転換できるアロマグッズを使う、ローションで軽くパッティングなどリフレッシュできる方法を試してみましょう。あと、機内対策ではありませんが体のだるさや時差ぼけのために、到着したら私はプールなどがあればなるべくひと泳ぎするか、シャワーを浴びてから行動しています。

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【大人のシャベリ場】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・職業・ペンネーム(本名は書かないでください)・家族構成・どの賢者に相談したいか

④文字数の目安:400字まで

 

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、MyAgeの企画およびOurAge、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第8回/【小野アムスデン道子さんに相談!】スーツケースを新調したい。容量が大きいのがいい…

次の記事>

次の記事>
第10回/【樫出恒代さんに相談!】どんどん太って、何をしても痩せません…

この連載の最新記事

【歯科医 石井さとこさんに相談!】歯槽膿漏?怪しい歯のあたりから、不快な口臭がします…

第22回/【歯科医 石井さとこさんに相談!】歯槽膿漏?怪しい歯のあたりから、不快な口臭がします…

【歯科医 石井さとこさんに相談!】マスク生活が終わり、自分の口臭がつねに気になるように。いい対策が知りたい!

第21回/【歯科医 石井さとこさんに相談!】マスク生活が終わり、自分の口臭がつねに気になるように。いい対策が知りたい!

【小野アムスデン道子さんに相談!】円安でもお得に旅する方法はありますか?

第20回/【小野アムスデン道子さんに相談!】円安でもお得に旅する方法はありますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル