HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/makeup/334317/

40代、50代必見! 「中顔面短縮メイク」で顔のまのびを解消して小顔に/広瀬あつこさんの提案

40代、50代になると、老化が進み、以前に比べて頰のあたりがダル〜ンと縦に長くなり、顔が大きくなったと感じる人も。大人女性から多くの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト、広瀬あつこさんの、常識にとらわれないアイメイクで、美しく若見えする印象に変身しましょう!

たまご型だった顔が今は「顔長」に。
人気ヘアメイク広瀬あつこさんが提案する「中顔面」短縮メイクで
頰のまのび感が払拭され、キュッと引き締まった顔になれます!

 

MyAge、OurAgeをはじめ、数々のメディアのメイク特集で活躍する、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさん。

 

広瀬さん自身が日々実践しているエイジングケアメイク術をご紹介する連載です。

 

 

広瀬あつこさんは、大人女性からも多くの指名を受ける人気のヘア&メイクアップアーティスト。

大人を生き生きと美しく変身させる天才です。

 

常識にとらわれない少し大胆なメイクテクニックで、エイジングが進んだ顔立ちを修正し、無理なく若い印象に見せてくれます!

 

 

この連載では、「ちょっとだけズルい」目からウロコのメイクテクニックが炸裂。

顔立ちのエイジングでメイクに悩む大人女性の皆さんに「そんな手があったのか!」と大好評です。

 

 

今回のテーマは「中顔面」の短縮。

 

最近、顔が大きくなったと感じている40代、50代は必見です。

老化による顔のダル〜ンとしたまのび感を解消しましょう。

 

頰がたるんでまのびした「中顔面」を
マッサージとメイクでキュッと縮めて小顔印象に

5-1 メイン 

ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこ さん

 

 

『中顔面』とは目から鼻までの帯状のゾーン。顔を横に3分割したときの中心に位置し、人から見たときに最も目立つゾーンでもあります。

 

年齢を重ねると頰がたるんで平坦になり、下方向へとまのび。「中顔面」が縦に長くなり、老け見えしてしまいます」と広瀬さん。

 

 

「年齢とともに顔が大きくなったと感じる理由にはふたつあり、ひとつは、この連載の第2回でも説明した『輪郭のゆるみ』。

もうひとつが、今回のテーマである『中顔面』のまのびです」

5-2 中顔面 広瀬あつこ メイク

ここが「中顔面」のゾーン。目から唇の上までの帯状のゾーンを指します。

 

「そもそも『中顔面』が長い面長な人は、年齢より上に見られる傾向に。『中顔面』が短い人は、幼くかわいらしい印象に見えるものです。

 

つまり老化でまのびしてしまった『中顔面』も、年齢より上に見せてしまう可能性大。キュッと引き締めてあげると、顔立ちは一気に若返ります」

 

 

側頭筋をマッサージでゆるめ、
メイクで「涙袋」をつくることで「中顔面」を短縮

5-3 
左の写真は、「中顔面」短縮メイクをする前の広瀬さん。頰が縦長にまのびしている印象があります。

 

右の写真は、側頭筋をマッサージし、メイクで下まぶたに「涙袋」をつくった広瀬さん。

中顔面がキュッと縮まって見え、フレッシュでかわいらしい印象に。

 

 

■プロセス1

頰の筋肉に直結する側頭筋を
リラックスしながらマッサージ

5-4

ソファの背もたれなどに頭をあずけ、リラックス。

耳を覆うように手をあて、親指を耳たぶの後ろに、人差し指から小指までの4指を側頭筋にあてます。

 

側頭筋はピンクで示す範囲に広がる筋肉。ここを両手ではさみ、圧をかけながら、もみほぐすように小さな円を描きます。

 

「側頭筋は頰を引き上げる筋肉と直結。側頭筋がストレスなどでこり固まっていると、頰を引き上げる筋肉も硬直してしまいます。

 

頰の筋肉が柔軟性を失うと、のびきったままになり、頰がたるんで平坦に。顔が長くなりまのびします。

 

リラックスして側頭筋をほぐすと、頰の筋肉も柔軟性を取り戻し、キュッと引き締めることができるように。

すると頰がふっくらと丸みを帯びて位置も高くなり、『中顔面』が短縮して見えるのです」

 

「体を起こした状態でマッサージを行うと、首肩に力が入り、こりがうまくほぐれません。

背もたれに頭の重みをあずけることで首肩が脱力。効率よく側頭筋をほぐせます」

 

 

■プロセス2

アイシャドウで「涙袋」をつくり、
平坦な目の下にメリハリを

5-5

小さなアイシャドウブラシにくすみオレンジのアイシャドウを取り、下まぶたの黒目の真下、涙袋のふくらみの下に影を入れます。

ブラシを左右に動かし、黒目の幅にぼかして。

 

「涙袋とは、目の下の部分にあるぷっくりふくらんだ部分。涙袋がない人でも、くすみオレンジの影を入れることで『あたかもあるように』見せることができます。

涙袋がもともとある人も、このメイク法で、よりぷっくり感が強調されます」

 

「涙袋をつくることで、平坦だった頰でも丸みが強調され、『涙袋から下が頰』となるため、中顔面の縦の長さが短縮されるんです」

 

 

■ここで使用したコスメ

 

「涙袋がない、または、昔はあったけれどペシャンコになってしまったという人が、涙袋のふっくら感を復活させるには、くすみオレンジのアイシャドウが最強。

チークにも使えるマルチパウダーなら、涙袋メイクしたことがバレず、自然な仕上がりに」

 

肌から浮かず、すんなり影になりすます、くすみオレンジ。チークやリップとしても使えます。

 

●ミネラルマルチパウダー バレンシアオレンジ ¥2,530/エトヴォス

5-6 商品 本画像 product_multipowder_valenciaorange_open

 

──広瀬さんから、40代、50代のOurAge世代に向けてのメッセージです。

 

「太っているわけでもないのに、40代、50代になると顔が大きく見えるのは、『中顔面』のまのびのせい。痩せていると、よけいに頰の縦長印象が増してしまうことも。

 

頰の位置を高く見せるためには、チークやハイライトも有効ですが、筋肉の力を借りてリフトアップするのも『ちょっとだけズルい』メイクのテクニックのひとつ。

 

ストレスがたまったなと感じたら、即、側頭筋をマッサージして『中顔面』のまのびを防ぐことも大事です。

 

また、「涙袋」は女性らしさの象徴。メイクでこっそりつくるなんて、初めて聞いたかもしれませんが、『中顔面』を短縮し、女子力もアップして一石二鳥。

しかも、チークの入れすぎなどのようにイタいメイクにならず、さりげなく、かわいく、若見えすることができます。

 

『ちょっとだけズルい』テクによる、メイクのアップデート法、いかがでしたか?

 

これからも、皆さんがまだやったことのない、けれど、めちゃめちゃ効果的な若見えテクを披露しますので、ぜひ楽しみにしていてください!」

 

 

撮影/藤澤由加(人物) ヘア&メイク・モデル/広瀬あつこ 取材・文/小田ユイコ

 

 

【教えていただいた方】

広瀬あつこ
広瀬あつこさん
ヘア&メイクアップアーティスト
Instagram

大物女優や人気モデル、著名美容家から指名が殺到するほどの人気。さまざまな女性向けメディアの美容企画で、誰でも簡単に真似できて美人になれるメイクテクニックを紹介していて好評。著書に『スマイルメイク』(世界文化社)。 撮影/天日恵美子

 

ETVOS(エトヴォス) 公式サイト

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/40代、50代は必見。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「目尻リフト」メイク。老化に…

次の記事>

次の記事>
第6回/ボサボサ眉の40代、50代は必見。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「散らかり眉」整…

この連載の最新記事

【40代、50代必見!】唇がふっくら!人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「しぼみ唇解消メイク」

第10回/【40代、50代必見!】唇がふっくら!人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「しぼみ唇解消メイク」

鼻の下を短く見せる!人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「鼻の下短縮メイク」

第9回/鼻の下を短く見せる!人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「鼻の下短縮メイク」

40代、50代のだんご鼻をメイクでカバー。ヘアメイク広瀬あつこさんの「鼻筋すっきりメイク」なら超簡単&若見え!

第8回/40代、50代のだんご鼻をメイクでカバー。ヘアメイク広瀬あつこさんの「鼻筋すっきりメイク」なら超簡単&若見え!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル