HAPPY PLUS
https://ourage.jp/popular/86164/

“普通さ”を失わないマット・デイモン。盟友ベン・アフレックとの違いは「家」にアリ!?

中島由紀子

中島由紀子

映画ジャーナリスト

ロサンゼルスでハリウッド映画のことを書き始めて25年。

ゴールデン・グローブ賞を主催する「ハリウッド外国人記者クラブ」会員で、ゴールデン・グローブ賞への投票権を持つ、3人の日本人のうちのひとり。

記事一覧を見る

マット・デイモンってどんな人?とよく聞かれます。答えはいつも同じ、「すっごく良い人」!

 

 

本当に“良い人”と言う言葉が含む、すべての意味合いを持ってる人格者です。 まっすぐな姿勢で前方を見つめて、人生を進む人だと思います。「ゴシップに縁がないのは、パパラッチは僕みたいな4人の娘の父で、妻との間に問題なし、の普通で退屈な人生を送ってる有名人に興味がないからだよ」 といつも笑ってます。

 

 

「ボーン」シリーズが大ヒットして以来、アメリカではマット・デイモンという名前を知らない人は居ないだろうと思うほど人気スターです。
普通の人が普通の生活をするのとは違って、有名であることが過大視され賛美され、キム・カーダシアンのように有名になるには何でもありのこの国で、彼ほどの立場の人が普通さを失わずに生きていくには、かなり強靭な意志と自制心と精神的な強さを持ってないとできないと思います。

映画_photo

“ファースト・ボーン”「ボーン・アイデンティティー」、2002年の頃。若かったマット君。(C)HFPA

 

映画_photo

そして2016年。大人の貫禄もついたけど、爽やかな笑顔はそのまま。(C)HFPA

 

 

「グッドウィル・ハンティング/旅立ち」 (1997)で幼なじみの親友ベン・アフレックと共に、アカデミー賞オリジナル脚本賞をもらってから、2人ともハリウッドのスター街道をすごい速さで駆け上りました。40代半ばの2人は(マット46歳、ベン44歳)今ではハリウッドをリードするスター、監督、プロデューサーの三冠王の地位を築いてます。

 

 

マットが11歳、ベンが9歳の時に近所に住んでいたことから仲良しになります。それ以来、ハリウッドで苦楽を共にしてきました。「アルゴ」 (2012)のインタビューの時、ベンは「NYに住んでたマットがロスに引っ越してくるんだ。僕の家のそばに良い家が見つかった。いつか、近所に住んで家族ぐるみの人生を楽しみたいという2人の夢が、ついに叶うんだ」と喜びを隠し切れないように話してくれました。

 

 

実際デイモン・ファミリーがスープの冷めない距離に引っ越して来て「僕の子供たちはいつもマットのところに行ってるよ」と、ベンは実にうれしそうに話してました。ところがちょうど1年前、ベンとジェニファー・ガーナー夫妻は別居を発表、まだ離婚には至ってないものの、彼らの豪邸は45億円で売りに出されてます。

 

 

空からじゃないと全体写真が取れないアフレック邸に比べて、デイモン邸は、もちろん豪邸ですが、正面からの写真で家の全体像が見えます。派手好きと地道という好対照が、お互いへの引力になっているのかもしれないですね。

 

映画_photo

2006年「デパーテッド」の取材時。出演した映画はのきなみヒット、最近はプロデュース業にも力を入れている。(C)HFPA

 

 

トロント映画祭でマット・デイモンがプロデュースした“Manchester by the Sea” (ベン・アフレックの弟ケーシー・アフレックが名演技をみせています)のインタビューをしていたら、ひょっこり予定にはなかったマットが現れました。「中国から飛んできたんだよ」といつもながらのリラックスした空気に包まれて、にこやかに部屋に入って来ました。

 

 

プロデューサー、マット・デイモンの飛び入りに、みな大喜び。ほっといたら質問はマットに集中してしまうのをちゃんと見抜いていて、「僕は、挨拶に来ただけだから」と静かに脇に離れて座り、監督と新人のルーカス・ヘッジスを立ててました。「この映画(Manchester…)は僕がプロデュースした作品の中で、もっとも誇りに思ってる映画なんだ」とうれしそう。地味な作品ですが、もうすぐやって来る映画賞レースでは華やかに注目されるでしょう。

 

 

去年の「オデッセイ」の時にリドリー・スコット監督が「マットは実に良いヤツなんだ。物事を複雑にしないでまっすぐに考える。頭も良いし、才能もあるし、素晴らしい人間だよ」と言ってましたが、まさにその通り。物事の真髄をつかんで、ああだこうだと七面倒な事を言わない、さっぱり体質が彼なのです。

映画_photo

2015年「オデッセイ」のインタビューにて。オスカー主演男優賞候補にもなりましたね。(C)HFPA

 

 

ミニー・ドライバーやウィノナ・ライダーとのおつき合いの後、芸能界とは関係ないアルゼンチン出身のルシアナ(マットはルーシーと呼んでます)と結婚したのも彼らしい選択だと思います。「僕と結婚したためにルーシーとアレクシア(彼女の娘、現在17歳)にいろいろ迷惑をかけている。パパラッチに追いかけられたり、雑誌に書かれたり。芸能人ではない彼女たちのプライバシーを守るのは僕の義務なんだ」といつも言ってます。

 

 

 

こんな素敵な男性、なかなか巡り会えないですよね。

 

 

 

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/“desperately “ 結婚したかった、とジョージ・クルーニーは語った

次の記事>

次の記事>
第13回/授賞式でのトランプ批判に世界がオベーション。名女優メリル・ストリープが大切にして…

この連載の最新記事

ジョニー・デップ、次回作ではフランスの“最も嫌われたキング”に!?

第40回/ジョニー・デップ、次回作ではフランスの“最も嫌われたキング”に!?

“ブラック・ウィドウ”公開直前!スカ-レット・ヨハンソン登場

第39回/“ブラック・ウィドウ”公開直前!スカ-レット・ヨハンソン登場

実業家としても大成功!グウィネス・パルトローの鋭い“ビジネス感覚”とは?

第38回/実業家としても大成功!グウィネス・パルトローの鋭い“ビジネス感覚”とは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル