筋力&骨力アップ!脂肪を燃やす!歩き方 Step1

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
「チーム健活」メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

 

ここのところ、どんどんサイズ増加中のミーナ。洋服大好きなのに、このままでは似合う服がなくなるどころか、入る服もなくなる・・・というわけで、腰を痛める前に少し取り組んでいたウォーキングを再開しなくては。サルティス池田さんに、正しい歩き方を教えてもらいましょう。

 

 

 

筋力・骨力をアップして脂肪は燃やす!

一生太らない歩き方とは?

 

 

「歩く」という動作は、実は格好の全身運動。漫然と足を運ぶことをやめ、「運動」として見直すことで、日常のすべてが健康とダイエットに最適な動きに変わります!

 

そこで、いい姿勢で歩くことでカッコよく痩せるための、正しいウォーキングの仕方について、Step1~7に分けてご紹介します。

 

 

今回のStep1は、「歩行」と「ウォーキング」の違いについてのお話です。

 

 

 

 

監修:サルティス池田さん Salutis Ikeda

サルティス池田さん

profile

アシックス ウォーキングトレーナー、日本ウォーキング協会公認指導員、公認シューフィッター。ウォーキング講習会やセミナーはこれまでに1000 回以上、約3万人以上を指導。日本初ウォーキングミュージックCD「Walking melodies」(東芝EMI)をプロデュース。

http://www.asics.co.jp/walking/

 

 

 

 

 

「歩行」と「ウォーキング」はまったく別物。
その違いを知ることからスタート

 

 

 

疲れるように歩く! それがウォーキング

 

 

「〝ウォーキング=ただ歩くこと〞と思っているうちは痩せられません」

 

いきなり手厳しいコメントをしてくれたのは、ウォーキングトレーナーのサルティス池田さん。

 

 

「〝歩行〞というのは単なる移動の手段ですね。一方、〝ウォーキング〞は健康づくりや体力アップ、痩せることなどを目的に歩くこと。つまり、歩くことを〝運動〞ととらえていることが大きな違い。移動手段なら疲れないように歩くほうが賢いですが、運動であるウォーキングはその逆。疲れるように歩かなければ意味がないわけです」
なるほど、歩行とウォーキングは似て非なるもの。では、疲れるように歩き、運動効果を高めるには?

 

 

「姿勢よく、大きな筋肉を使って歩くこと。それに尽きます! 筋肉は動かすときに脂肪をエネルギーとして使うので、大きな筋肉をたくさん使うほど脂肪を燃やしてくれるんです」

 

 

大きな筋肉とは、おもにお尻の筋肉(大臀筋、中臀筋)や太もも裏側の筋肉(ハムストリングス)など。いくら同じ距離を歩いても、小さい筋肉しか使わなければ消費カロリーも少なく、運動レベルは低くなります。大きな筋肉を使ってあえて疲れるように歩く、それが本当の意味でのウォーキング。

 

単なる歩行をウォーキングに変えることが、痩せることにつながるのです。

 

 

 

 

 

大きな筋肉をたくさん使って歩くと
脂肪はぐんぐん燃える!

 

お尻と太ももの裏側の筋肉をたくさん使って歩くのが正しいウォーキング。膝をぐっと伸ばして颯爽と歩きましょう 左のイラストのように、膝をゆるめて小股でちょこちょこ歩くのは、いわば省エネ歩行。いくら早足でも、お尻や太ももなどの大きな筋肉は動きません

お尻と太ももの裏側の筋肉をたくさん使って歩くのが正しいウォーキング。膝をぐっと伸ばして颯爽と歩きましょう
左のイラストのように、膝をゆるめて小股でちょこちょこ歩くのは、いわば省エネ歩行。いくら早足でも、お尻や太ももなどの大きな筋肉は動きません

 

 

 

 

 

 

実は間違いだった!?
「ウォーキングダイエット」常識のウソ

 

 

 

●1日6000~1万歩歩けば必ず痩せる!→ウソ

 

歩数にとらわれすぎるのはよくない例です。日常的な移動手段としての歩行、歩幅が小さいちょこちょこ歩きで、いくら歩数を稼いでもあまり効果は期待できません。

 

 

 

●厚着をして汗をかいて歩くと痩せる→ウソ

 

サウナスーツなどを着込み、大汗をかきながら歩いても、水分が出ていくだけで脂肪は燃えません。熱中症の危険もあるので、無理矢理汗をかいて歩くことは避けて。

 

 

 

●腕を大きく振って速く歩くと痩せる→ウソ

 

やみくもに腕を振ると歩くときの姿勢がくずれ、逆に運動効果が下がることも。また、体が前傾して腰などへ負担がかかりやすくなり、あまりオススメできません。

 

 

 

●足は前へ前へと意識して歩くと痩せる→ウソ

 

筋肉を使って歩くために大切なのは自然な重心移動。足を前に出そうとすると失敗しがちです。体重は後ろに残したまま、地面を後ろに押すだけでいいのです。

 

 

 

●30分以上続けて歩くと痩せる→ウソ

 

運動効果が得られる歩き方をしなくては、いくら長時間歩いても脂肪は燃えません。時間を気にするよりもまず「正しい姿勢で疲れるように歩く」ことを心がけてください。

 

 

 

 

 

次回のStep2では、脂肪を燃やすために必要な、ウォーキングの際の正しい姿勢のチェック法をご紹介します。

 

 

 

撮影/板野賢治 イラスト/かくたりかこ 取材協力/アシックス

構成・原文/蓮見則子

 

 


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top