動画付き! 顔のたるみをとるリフトアップ秘策「顔筋ピラティス」vol.1

プロフィール写真

この顔筋ピラティスで、いかに顔の筋肉で動かしてないところと、よくない無駄な動かし方をしているところがあるかを発見。よく忘れたりもするけど、やらないよりまし、と顔の立体感を取り戻すべく、思い出したらやる、という日々です!

こんにちは! MyAgeのページ担当の、くみくみです。

私は、この「顔筋ピラティス」を始める前は、表情を作るときに、眉が動くタイプでした。

(タレントの里佳子さんの眉が動く感じ、わかります??)

step1の頬のマッサージ↓ も最初は頬を指で挟むと、ぐりぐりしたところがあって痛いし、(でもやってるとなくなります)

頬のマッサージの様子

step2のスマイル↓ のように、「眉を動かさないで、アゴに力を入れないで頬の一番高いところだけ動かす」のもうまくできない!!

顔筋エクササイズ、スマイル

 

最初は、普段動かさない筋肉ってどう動かしていいかわからないんです。

でも、なんとなくやってると、その筋肉が動かせるようになって、いきなり感じがわかるときがきます。

そう、ちゃんと動かしてない筋肉が動き出したのです! そうすると、頬の高いところがはっきりしてきて、だんだん顔の立体感が戻ってくる感じがします。

眉を動かさないで顔の下半身の筋肉を動かせるようになると、眉間やおでこにしわが寄らなくなるのもよくわかります! ちょっと興味深いですよね?

ぜひ、動画で確認しながら、やってみてくださいね!

 

今回、顔筋ピラティスを習ったのは、是枝伸子先生です!

「私達の顔には、大小何種類もの筋肉があって、皮膚や脂肪を支えています。

でも使うところと使わないところがあって、たとえば年齢を重ねると口の周りの筋肉をあまり使わなくなります。この筋力のアンバランスが、シワやたるみの大きな原因なのです。だから、笑うとほうれい線が深くなるというのは大きな間違い。笑うことが悪いのではなく、正しくバランスよく筋肉を使ってないないことが問題なのです」

是枝先生の顔筋ピラティスは、正しい筋肉を使ってエクササイズすることが大切なポイントです。

「step3の上唇などのエクササイズも加えて、↓ 顔の下半身の表情筋をバランスよく整えると、表情も若々しくなり、理想の顔パーツバランスに近づけるのにも役立ちます」

横顔からの上唇のエクササイズ

 

 

取材/山村浩子

 

 

具体的な説明は動画で! まずは鏡を用意してくださいね。

鏡を前にたてたら、さっそくトライ! 最初はうまくできなくても、あきらめないで続けてみてください!!

 

 

動画は、vol.2のエクササイズvol.3のマッサージに続きます。

☆詳しい記事は、MyAge 2014 Summer号のたるみの大特集をチェック!! 効果のほどは同誌p47の報告をぜひ!

MyAge 2014 Summer 発売中です!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント(1)

動画だと、動かし方がわかりやすくて、
とてもいいです。

毎日これならやれそう?!
頑張ります。

あき - 2014年6月8日 03:10
コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top