【動画あり】顔や、口元たるみ撃退には「ぴよぴよぷーエクササイズ」by石井さとこ

プロフィール写真

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。
略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

たるむ?たるまない?たるませない!と心に決めたら・・・。

 

 

一年なんて、あっという間に過ぎてゆくなあ・・・と思う季節ですね。過ぎゆく一年を振り返りつつ、来る新しい年に向けて前を見つめて明るい志を抱きたいですね!

 

 

さて、私。

 

先日、NPО法人国際ホリスティックフェイス協会主催のシンポジウム「顔のトレーニングでなりたい自分になる!~最幸の自分を引き出すセルフケア~」のパネリストとして、資生堂の医学博士池山和幸先生と、アナウンサーで声と表情トレーナーの菅家ゆかり先生と共に登壇。

 

顔のトレーニングを会場のお客様と実践しながら、たっぷりお話をさせて頂きました。

 

シンポジウムには幅広い世代の女性が集まりました。実践トレーニングもあり、会場は白熱。

 

 

このシンポジウムで、池山先生は、認知症の女性に化粧の手ほどきをし、生活の中に化粧を取り込んでもらった事例を紹介されました。その結果、体の筋力もアップし、笑顔も増えて、顔周りがリフトアップ、リハビリの効果が期待できることをお話されていらっしゃいました。メイクアップは心のアップとリフトアップにもつながるものなのだなとしみじみ感じました。

 

一方、アナウンサーの菅家さんは、その細い体から考えられないほど良く通る美声で、これも、顔周り、口もと周りの筋肉トレーニングの賜物であることを教えていただき、会場内も驚きに包まれていました。

 

私は、表情筋を良く動かすことで、笑顔が自然と身に付くことの効果や、それに伴い、口中の潤滑剤の唾液が増えて、虫歯や歯周病のみならず、体の健康の維持を期待できるという話と、口もとの簡単エクササイズをしました。

 

今回、このシンポジウムを通して、興味深かったこと。その一番のポイントは、やっぱり”顔、口もとのたるみ”でした。

 

人間は、やはり重力には逆らえない。そして、四十代に入るとある日突然のように、口もと、口角の下がりに気がつく・・・。

 

そんな口角下がり→たるみの悩みが多く、顔や口もとの筋力の低下にどう向き合い、上手く対処していけるのか。また、同時に、健康と美容が相反することなく重なり合って、私たちの日常に溶け込んでいける方法についても改めて考え、前に推し進めてくれるシンポジウムでした。

 

高齢者のための化粧療法を研究されている資生堂の池山和幸先生、魅力的な声と表情づくりを指導するトレーナーとしても活躍するフリーアナウンサーの菅家ゆかりさんと。このテーマに熱い思いを持つ三人♪ 私もとても勉強になり、楽しいシンポジウムでした。

 

人はいつ? どんな時に顔や口もとがたるむのか?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top