HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/265006/

エビ、にら、玉ねぎで温まる「エビとにらのキムチ鍋」レシピ

キムチの酸味と辛味にエビの美味しさが加わって、体の中から温まる鍋。

 

<冷え>

エビの旨味と辛味&酸味のハーモニー
エビとにらのキムチ鍋

エビとにらのキムチ鍋

●材料(2人分)

  • エビ(ブラックタイガーなど)……6尾
  • にら……1/2束(60g)
  • 玉ねぎ……1/4個
  • 白菜キムチ……150g

 

<A>

  • 鶏ガラスープの素(顆粒)……大さじ1/2
  • 酒……大さじ1
  • しょうゆ……大さじ1
  • 味噌……大さじ1
  • 一味唐辛子……適宜(キムチの辛さ次第で調整を)
  • 水……800㎖

 

●作り方

  • 1.エビは尾を残して殻をむき、背ワタを取る。にらは長さ6㎝に切り、玉ねぎは繊維を断ち切るように薄切りにする。
  • 2.鍋にAを入れて火にかけ、キムチと①の玉ねぎを加え、沸騰したらエビとにらも加えて煮る。

 

この食材が効く!

エビ、にら、玉ねぎは体を温める食材。漢方でエビは、生命力の貯蔵庫ともいわれる「腎」を補う働きもあり、老化予防にも◎。キムチの唐辛子の作用も加わり、冷えを撃退。

 

 

レシピを教えていただいたのは・・・

ちづかみゆきさん 料理家

ちづかみゆきさん
Miyuki Chizuka

料理家。国際中医薬膳師。薬膳料理教室「meixue(メイシュエ)」主宰。国立北京中医薬大学日本校にて薬膳を学ぶ。著書に『巣ごもりごはん便利帳 週2回の買い物でできる不調ケアレシピ』(翔泳社)など

 

 

体に効く!健美スープ&鍋でご紹介したレシピは、下のリンクから読むことができます。

 

 

撮影/神林 環 スタイリスト/洲脇佑美 取材・原文/和田美穂 撮影協力/UTUWA

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/牛肉やしいたけが気を補い疲れを解消「牛肉としいたけとほうれん草のごまトマトカレー鍋」レシピ…

次の記事>

次の記事>
第5回/体を温める食材を使った食べ応え鍋「鶏だんごと焼き長ねぎのザーサイ鍋」レシピ…

この連載の最新記事

「鶏もも肉と長いも、ほうれん草のくるみ酒粕豆乳鍋」レシピ。髪のパサつき改善にも効果的!

第12回/「鶏もも肉と長いも、ほうれん草のくるみ酒粕豆乳鍋」レシピ。髪のパサつき改善にも効果的!

肌の乾燥にも効く鍋!お肌しっとり「豚肉だんごとほうれん草のポルチーニ鍋」レシピ

第11回/肌の乾燥にも効く鍋!お肌しっとり「豚肉だんごとほうれん草のポルチーニ鍋」レシピ

気を巡らせる食材でイライラ解消「鮭とパプリカとセロリのクミン味噌鍋」レシピ

第10回/気を巡らせる食材でイライラ解消「鮭とパプリカとセロリのクミン味噌鍋」レシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル