OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

あなたの”口内劣化”はどのくらい進んでいる!? 早速チェック!

老化の兆候は、肌や髪よりも実は最初に歯に表れることが多いそうです。それに今、どれだけ気づけるかで10年後、20年後の姿が変わってくるのです。では、あなたの”口内劣化”はどのくらい進んでい!? 早速チェックしていきましょう。

 

 

こんな変化はありませんか?
"口内劣化"チェック

虫歯や腫れ、出血がないとチェックやメンテナンスを怠りがちの口の中。
でも、エイジングは確実に進んでいます!
あなたの口の中の劣化度をチェックしてみましょう。

 

 

 

上の8項目のチェックは1回やったら終わりではありません。日々のメンテナンスで老化の進行も変わります。3カ月に1回は確認するように心がけましょう

 

 

チェックの診断

上の項目でひとつでも当てはまったら、口内劣化が始まっているといえるでしょう。「歯茎から出血しやすい」という人は、歯周病が進行しはじめている証拠。早めに歯科医院に行くことをおすすめします。「歯をくいしばっていることがある」という人は、筋肉や骨格の変化や過去の治療部分の不具合などで、嚙み合わせが悪くなってきたのかもしれません。ほかにチェックがついた人も口まわりの老化を含む劣化が表れはじめています。口内劣化はきちんとケアをしないと加速度的に進むので、注意して。次回からの連載を参考に!

 

 

いくつあてはまりましたか? アワエイジ世代は、過去の治療痕を含め歯の再チェックが大切になってきます。次回は、そのあたりのお話を専門医に伺います。

 

 

イラスト/内藤しなこ 取材・原文/伊藤まなび

MyAge購入バナー(正)

<前の記事

<前の記事
第1回/更年期世代が分かれ道! 老化のはじまりは、歯からってホント⁉…

次の記事>

次の記事>
第3回/昔の治療痕を放置していませんか? 歯の再チェックが必要な理由とは?…

この連載の最新記事

“口内劣化”をくい止める! OurAge世代からの歯科医選びのポイントは?

第8回/“口内劣化”をくい止める! OurAge世代からの歯科医選びのポイントは?

“口内劣化”をくい止めるため、今すぐ実践(後編)唾液腺刺激で口内を改善する方法は?

第7回/“口内劣化”をくい止めるため、今すぐ実践(後編)唾液腺刺激で口内を改善する方法は?

“口内劣化”をくい止めるため、今すぐ実践(前編)L がつく言葉で噛み合わせトレーニングを

第6回/“口内劣化”をくい止めるため、今すぐ実践(前編)L がつく言葉で噛み合わせトレーニングを

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル