HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/302100/

膝痛の原因はO脚!予防&矯正する「内もも歩き」を図解<巽一郎・整形外科医>

膝の痛みを訴える人の9割がO脚。O脚になる理由、対策を知れば膝痛も予防できます。

 

健康美脚は毎日の積み重ねから!
脱ニワトリ姿勢+歩き方で骨格を整える

●痛みの原因は姿勢と歩き方

「私のところに膝の痛みを訴えて来る患者さんの、約9割がO脚です。年齢とともにO脚が進行し、膝の内側の軟骨がすり減って、骨同士が当たって痛みを発症しているのです。この大きな原因は、頭が前に出た“ニワトリ姿勢”、そしてそのままの姿勢で歩くことです。この原因を変えなければ、痛みはなくなりません」。

 

痛みの改善&予防に絶大な効果があるのが、この“たつみ式・正しい立ち方と内もも歩き”です。

 

※たつみ式・正しい立ち方の記事は、コチラから読む事が出来ます。

 

O脚を予防&矯正する
内もも歩き

最近、O脚が進んできた…という人は内ももの筋肉=内転筋が弱ってきたのかも。この“内もも歩き”は内転筋を鍛え、O脚を矯正する効果があります。

<下のイラスト参照> まず正しい姿勢をとったら、頭が前に出ないように注意して、つま先を上げて一歩踏み出します。かかとから着地したら、蹴り出すときは親指に体重を乗せます。内転筋を使って、膝を内側に入れるようにして、小指側を少し浮かすイメージ。反対の足も同様に、“かかと着地→親指に重心”を繰り返します。

 

※X脚の人には向いていません。

 

●正しい立ち方で

イラスト/たつみ式・内もも歩き 正しい立ち方

 

●つま先を上げて踏み出す

イラスト/たつみ式・内もも歩き 一歩踏み出す

 

●かかとから着地

イラスト/たつみ式・内もも歩き 上半身はそのままかかとから着地

 

【ここに注意!】かかと着地&親指重心が基本

イラスト/たつみ式・内もも歩き ここに注意!かかと着地&親指重心が基本

かかとから着地して、蹴り出すとき、親指に重心をかけて、小指側は少し浮かせるイメージ。このとき、内転筋を使って、膝を少し内側に入れるようにすると、親指重心がやりやすくなります。

 

巽一郎
巽一郎さん
整形外科医
公式サイトを見る

専門は膝。一宮西病院整形外科部長・人工関節センター長。体への負担を最小限にする膝手術で日本屈指の技術を持つ。一方「すぐには切らない」医師として有名で、独自の保存療法(エクササイズなど)を提案し、全国からの患者が絶えない。著書に『100年足腰』(サンマーク出版)など

 

イラスト/green K 構成・原文/山村浩子

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第4回/おばさんっぽく見えるのはニワトリ姿勢だから!?改善させる立ち方とは<巽一郎・整形外科医>…

次の記事>

次の記事>
第6回/40代からの膝痛予防には「足指グー体操」で大腿四頭筋を鍛える<巽一郎・整形外科医>…

この連載の最新記事

膝の権威が提唱。すり減った膝の軟骨は「足振り子体操」で再生する!<巽一郎・整形外科医>

第10回/膝の権威が提唱。すり減った膝の軟骨は「足振り子体操」で再生する!<巽一郎・整形外科医>

腰痛予防に効果的! 背骨のカーブを取り戻す「CS体操」<巽一郎・整形外科医>

第9回/腰痛予防に効果的! 背骨のカーブを取り戻す「CS体操」<巽一郎・整形外科医>

40代からは「体幹体操」で姿勢を保つ背中を鍛える<巽一郎・整形外科医>

第8回/40代からは「体幹体操」で姿勢を保つ背中を鍛える<巽一郎・整形外科医>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル