OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

新しいインフルエンザ予防、決めては「のどバリア」にあり⁈

すけやん

すけやん

編集部の末っ子です。
いちばんのロングへアーですが、その髪はバサバサ、眼もドライアイ、肌もカサカサで体も心も? 保湿が必要です。

ただいま、夏の猛暑後必ず陥ってしまう「顔の肌がカサカサ&剥けてくる」状態をなんとかしようと必死。

ついこのあいだまで暑かったので、最近の涼しさにほっとしている私ですが、知らず知らずのうちにしのびよってくるのが・・・

そう、風邪・インフルエンザの季節ですよ。

ここで振り返ってみましょう、昨年の秋冬を。

OurAge編集部ではインフルエンザにかかった諸氏がパラパラいて、私もいつかかるかヒヤヒヤしていました。といいますか、私が原因で先輩にうつしてしまったら…という恐怖のほうが大きかったですね(なにせいちばん年下なんで、「すけやんめー!」と攻撃されそうな予感大)。

幸いにして昨年の私はかからずにすみましたが、日本全国の統計によりますと、昨年の週別の感染者数は過去最高だったそうです。

いろいろ特効薬があるのに過去最高。つまり、かかった後の治療はできるけど、そもそものかかる前の予防がうまくいってないってことですね。

 

必死に頑張ってきたのに結果が出せないなんて…

さて。インフルエンザにかかった場合、「そういえば、最近忙しくってなんか疲れてた。免疫力が落ちてたのかも」って思いませんか。

「必死に頑張ってる」人がかかる悲しい病気…。そこで皆さん思い出してください。「必死に頑張ってる」人の代表と言えば

アスリート

ではないでしょうか。来年のオリンピック&パラリンピックに向けて、どのアスリートもいまごろかなりの努力をされているはずです。

花王ヘルスケアフォーラムにて、トップアスリートを健康面から支えている国立スポーツ科学センターの枝信彦先生のお話を伺ったところ

試合前に体調を崩して、思い通りのパフォーマンスができないアスリートは多くいるそうです…泣。

たとえば、ロンドンオリンピックに出場したアスリートは

このように、風邪をひいてしまうケースが多かったよう。

でも、アスリートって体を鍛えてて、風邪なんてひかなそうなのに?

……実はこんなデータがあります。

適度な運動は免疫機能を高めますが、運動をハードにすると免疫機能が下がり、風邪のリスクが上がってしまうのだそう。

赤丸の部分がちょうどアスリートの状態です。過酷な環境ですが、なんとかベストパフォーマンスをしていただきたいものですよね。

 

感染予防にはまず、その人の免疫機能がどの程度働いているかを知ることが重要。

指標となるのが「分泌型免疫グロブリンA(SIgA)」というもの。

唾液に分泌される免疫抗体で、口に入ってくる細菌やウイルスが粘膜組織に侵入するのをブロックしてくれます。唾液、大切なんですね。

枝先生は、この「SIgA」を測定することによって各アスリートの健康維持に努めているそうです。

 

ここまではアスリートのお話でした。彼らほどの負担はないかもしれませんが、忙しくて疲労がたまっているのは私たちも一緒、ですよね。いったいどうすればいいのでしょう。

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル