HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/health-forefront/339794/

【プラズマ乳酸菌】健康な人の免疫機能の維持をサポート。40代、50代の不調、体力低下に悩む世代の頼もしい味方!

40代、50代の更年期になると、「体調をくずしやすい」「病気にかかりやすくなった」「ストレスの影響を受けやすい」といった悩みがぐんと増えます。そんな悩みをケアするために注目したいのが「プラズマ乳酸菌」。どんな特徴があるのかをリサーチしました。

免疫細胞の司令塔に働きかけて、
健康な人の免疫機能の維持をサポートする「プラズマ乳酸菌」

 

ここ数年のコロナ禍の影響などもあり、健康への意識が高まっています。

 

巷にはさまざまな健康情報があふれていますが、そんな中でも特に40代、50代の女性が知っておきたい、気になるキーワードをピックアップして解説します。

 

 

今回ご紹介するキーワードは、「プラズマ乳酸菌」です。

 

ここ1~2年でぐっと増えた「プラズマ乳酸菌」入りをうたう食品やドリンク。

 

「プラズマ乳酸菌」というワードは、テレビCMなどで聞いたことがあるという人や、プラズマ乳酸菌入りの商品をとったことがある人もいると思います。

 

でも、どんな効果があるものなのか、実は詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?

ここでは改めて、その特徴や効果について紹介したいと思います。

13-1

上はプラズマ乳酸菌の写真です。

プラズマ乳酸菌は、ビールやお茶などのドリンクでおなじみ、キリングループが発見した乳酸菌です。

 

キリンでは、35年以上にわたって免疫についての研究を行う中で、免疫細胞を活性化する乳酸菌を探していたところ、理化学研究所に保管されていた乳酸菌を発見。

それを「プラズマ乳酸菌」と名づけ、2010年から研究がスタート。

 

その後、さまざまな効能が発見され、2023年11月末までに33もの論文が発表されています。

13-2

上写真の右は、プラズマ乳酸菌の発見者である、キリンホールディングスのヘルスサイエンス事業本部  ヘルスサイエンス研究所  所長の藤原大介博士。

 

乳酸菌の中でも、免疫の司令塔「pDC」を直接活性化することが
確認されているのは「プラズマ乳酸菌」だけ

 

「プラズマ乳酸菌」は、継続的にとることで、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

 

免疫とは、体の外から入ってくるさまざまな異物を排除するための、人体に備わった防御システムのこと。

 

免疫機能を維持できれば感染症にかかりにくくなり、逆に免疫機能が落ちると体調をくずしやすくなります。

 

そしてこの免疫力の高さを決めるのが、免疫機能を司る「免疫細胞」の働きです。

 

免疫細胞にはさまざまな種類があり、役割の異なる細胞がチームとなって機能しています。

 

例えば、異常細胞を殺傷するNK細胞、外敵に侵された細胞を殺傷するキラーT細胞、外敵に対する抗体を作るB細胞、キラーT細胞やB細胞の働きをサポートするヘルパーT細胞などが代表的。

これらが互いに協力し合うことで外敵を排除し、体内の健康を守っています。

 

 

ところが、免疫細胞の働きは、飲みすぎや食べすぎ、ダイエット、過労、睡眠不足といった生活習慣の乱れや精神的なストレスなどにより、日常生活の中で簡単に低下してしまいます。

 

ですから、免疫を維持するには、何らかの方法で免疫細胞の働きを維持しなくてはなりません。

キリンによると、このときに役立つのがプラズマ乳酸菌です。

 

実は免疫細胞には上下関係があり、さまざまな免疫細胞は、「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」という免疫細胞の指示により、動かされているのだそうです。

 

つまり、pDCは免疫細胞全体の司令塔といえます。

 

そして、このpDCに直接働きかけるのがプラズマ乳酸菌です。

 

プラズマ乳酸菌を口から摂取すると小腸で吸収され、小腸にいるpDCを直接活性化する作用が認められました。

 

プラズマ乳酸菌のほかにも、免疫細胞への効果をうたっている乳酸菌はありますが、それらは免疫細胞の一部にしか働きません。

 

これに対して、プラズマ乳酸菌は、免疫の司令塔pDCを直接活性化するため、免疫細胞全体が活性化され、これによって外敵に対する防御システムが機能するようになります(下記の図参照)。

13-3

 

プラズマ乳酸菌でpDCを活性化させるには、一定期間継続して摂取することが必要です。

 

以下のグラフのように、臨床試験では、プラズマ乳酸菌1,000億個/日を2週間以上摂取することによって、pDCが活性化することが確認されたそうです。

また、プラズマ乳酸菌の摂取期間中はpDCの活性が高く維持されますが、摂取を中断すると緩やかに低下することも報告されています。

ですから継続することが大切なのです。

13-4

 

13-5

実際、ヒトによる冬季の臨床試験において、プラズマ乳酸菌飲料と擬似飲料をそれぞれ摂取した臨床試験では、前者のグループのほうが、咳や熱っぽさを訴える人が大幅に少ないという結果が出たそう。

 

免疫力が下がりがちな40代、50代のOurAge世代にとって、これは見逃せない効果ですね。

 

プラズマ乳酸菌の発見・商品化が、健康食品素材として初めて「恩賜発明賞」を受賞

 

そして今年2023年、プラズマ乳酸菌は「恩賜発明賞」を受賞。

 

この賞は、公益社団法人発明協会が、皇室からの御下賜金(ごかしきん)を受け、我が国における科学技術の向上と産業の発展へ寄与することを目的に、多大な功績をあげた発明、考案、意匠、あるいは今後大きな功績をあげることが期待される発明などを表彰するもの。

 

健康食品素材としては初、食品企業では59年ぶりの受賞となったそう。

 

今後もますます注目が集まりそうです。

 

「プラズマ乳酸菌」を手軽にとれる商品が続々登場

 

そんなプラズマ乳酸菌が手軽にとれる商品が、冒頭でもお伝えした通り、最近続々と増えています。

その中からいくつかをピックアップ。

13-6

●「キリン iMUSE(イミューズ) 免疫ケア・ヘルシア内臓脂肪ダウン」(機能性表示食品) 90粒  ¥3,980/キリンホールディングス

 

日本初(※1)の免疫ケアブランド「キリン iMUSE」と、花王の日本初(※2)の体脂肪ケア飲料ブランド「ヘルシア」がコラボして生まれたサプリメント。

 

1日の目安量の6粒に、プラズマ乳酸菌1,000億個と、内臓脂肪を減らすことを助けるコーヒー豆由来クロロゲン酸類267mgを配合。

 

免疫ケアと内臓脂肪ダウン、ダブルの機能性表示食品。

 

※ 1「キリン iMUSE」は、機能性表示食品における日本初の免疫ケアブランド(機能性表示食品の届出情報検索に基づく。キリンホールディングス調べ)

 

※ 2「花王 ヘルシア」は、特定保健用食品における日本初の体脂肪ケア緑茶ブランド(茶カテキンを含む特定保健用食品として表示許可を取得。花王調べ)

 

13-7

●「キリン おいしい免疫ケア 睡眠」(機能性表示食品) (ペットボトル)100ml ¥172/キリンビバレッジ

 

プラズマ乳酸菌と、睡眠の質の向上に役立つGABAを配合。

睡眠の質向上(※1)と免疫ケア(※2)をサポートする機能性表示食品。

 

※1 眠りの深さ、すっきりとした目覚めの向上をサポート[GABAの研究報告]

※2 健康な人の免疫機能の維持をサポート[プラズマ乳酸菌の研究報告]

 

13-8 少し小さくした

●「キリン iMUSE(イミューズ) ヨーグルトテイスト」(機能性表示食品)(ペットボトル)500ml ¥177/キリンビバレッジ

 

プラズマ乳酸菌が配合された、すっきりとした甘さのヨーグルト味の飲料。

ゴクゴク飲める、毎日の水分補給にもぴったりな味わい。

免疫ケア(※1)をサポートする機能性表示食品です。

 

※1 健康な人の免疫機能の維持をサポート[プラズマ乳酸菌の研究報告]

 

 

──風邪など、さまざまなウイルスに感染しやすくなる季節はもちろん、40代、50代になったら常に、日々の体の健康を守るためにも、免疫機能の維持を心がけたいですね。

 

プラズマ乳酸菌の力も借りて、病気に負けない体づくりをしましょう。

 

 

取材・文/和田美穂 取材協力、商品写真・図表・資料提供/キリンホールディングス

 

キリン 「iMUSE(イミューズ)」 公式サイト

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第12回/【クロロゲン酸】更年期世代の冷えやカサつきに。冷えにより低下した血流を改善し、全…

次の記事>

次の記事>
第14回/【新・肝斑改善薬】肝斑の悩みに。ニコチン酸アミドの追加配合で、さらに進化した肝斑…

この連載の最新記事

【骨髄幹細胞】40代、50代の肌老化ケアでも注目。母細胞を元気にして、ハリ・弾力のある肌に!

第15回/【骨髄幹細胞】40代、50代の肌老化ケアでも注目。母細胞を元気にして、ハリ・弾力のある肌に!

【新・肝斑改善薬】肝斑の悩みに。ニコチン酸アミドの追加配合で、さらに進化した肝斑改善薬「トランシーノEX」が登場!

第14回/【新・肝斑改善薬】肝斑の悩みに。ニコチン酸アミドの追加配合で、さらに進化した肝斑改善薬「トランシーノEX」が登場!

【プラズマ乳酸菌】健康な人の免疫機能の維持をサポート。40代、50代の不調、体力低下に悩む世代の頼もしい味方!

第13回/【プラズマ乳酸菌】健康な人の免疫機能の維持をサポート。40代、50代の不調、体力低下に悩む世代の頼もしい味方!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル