OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/164573/

花粉症、すぐに飲みたい「速効漢方」、なりにくい身体をつくる「本治漢方」

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

カラカラお天氣

続いていますねー。

 

私の地元の新潟も今年は雪が少ないです。

雪かきしなくて楽なんです、

でも、花粉症

早めに出てますねー。

 

 

漢方薬剤師・漢方ライフアドバイザーの

樫出恒代です

 

 

 

前回のコラム(漢方的、自ら花粉症を悪化させる3つの習慣)

の続き

 

今回は具体的な漢方薬について

お伝えしますね。

(ただし、漢方薬とはいえ

副作用もありますので、ご自分の体質に合ったものを。できれば、漢方薬に詳しい医師・薬剤師・漢方アドバイザーに相談してください)

 

 

●速効で治したい!

***速効漢方薬–比較的早く効く***

 

 

○くしゃみ・水っぽい鼻水がどんどん出る

冷えがあり、顔色もさえない

〈小青竜湯 しょうせいりゅうとう〉

素早く良く効く花粉症の定番漢方薬

 

 

○鼻水がタラタラたれる、ずるずる出てくる

冷え症で、寒がり

〈麻黄附子細辛湯 まおうぶしさいしんとう〉

くしゃみするパワーがない、お疲れぎみの冷え性さんにはぴったりです

 

 

○鼻がつまる、息がしにくい

鼻水も続いている、頭がぼーっとする

〈葛根湯加川芎辛夷 かっこんとうかせんきゅうしんい〉

 

 

○鼻がつまって、蓄のう症のようになり、

膿みがたまってしまう

〈排膿散及湯 はいのうさんきゅうとう〉

 

 

○目のかゆみ、赤みに、炎症に

〈葛根湯 かっこんとう〉

葛根湯は風邪のひき始めの漢方薬と思われていますが、首から上の炎症に効果があり、

目のかゆみ、結膜炎、中耳炎などにも用いられることがあります。

お試しあれ。

 

 

○目のむずむず感、ちょっとかゆみも

〈桂枝加竜骨牡蠣湯 けいしかりゅうこつぼれいとう〉

目が涼やか、透き通るようなイメージ

 

 

☆これらの漢方薬は、できるだけお湯に溶かしてお飲みください。吸収がよくなり、身体が温まり効き目がよくなります。

 

 

体質改善をし、花粉症にならない身体作りをしたい場合は?→

●体質改善したい!

***じっくり根本的漢方—花粉症にならない身体作りを***

 

 

漢方的には

こんな方が花粉症になりやすい傾向が

 

①身体にいらない「水」がたまる

〈水毒 体質〉の方

②血が汚れやすい〈瘀血 おけつ体質〉の方

③冷え症の方

 

 

そんな体質をじわじわ、しっかり

改善していくのが、漢方の得意なところ。

 

 

 

先日も

漢方カウンセリングにおいでの方が、

「先生、いつも飲んでる漢方薬は、

花粉症によいのが入ってますか?

毎年、今ごろ花粉症出てくるけど、

今年は全くないです(^。^)」と。

 

 

ほほぅー

よかったねー

でも、それは花粉症のための漢方薬ではなくて、あなたの体質改善のための漢方薬、

冷えとむくみと貧血によい

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」です。

身体を温め、いらない水をさばいてくれるので、水毒体質、冷え症が

改善されてきたのですね。

そのため、花粉症により出ていた

鼻水はすっかり出なくなり

とても楽に毎日過ごせるようになったと。

 

 

これは、漢方的に「本治」といって

根本的に治ってきたのですね。

もちろん、冷えやむくみも楽になり、

つらい貧血のふらつきもなくなってきたそうです。本当によかった。

 

 

 

このように

少し時間はかかるけど、

毎日が楽になる、

生きるのが楽になる。

そんなマイ漢方は

花粉症も治ってしまう、おまけ付き。

 

ただ、それぞれの体質に合わせての

処方なので、すべての方にこの

「当帰芍薬散」がよいというわけではないのです。

ぜひ、漢方の得意なお医者さん、漢方薬剤師・漢方アドバイザーにご相談ください。

 

 

つらいことがなくなると

それだけで

前向きになれる

 

身体とこころはふたつでひとつ。

 

春はもうすぐ、

満喫しましょう〜!

 

注:漢方薬については

漢方専門の医師や漢方薬剤師

漢方アドバイザーなどにご相談・

カウンセリングの上お飲みください。

 

 

漢方カウンセリングルームKaon
Facebook
https://www.facebook.com/kampokaon
ブログ
https://ameblo.jp/kaon2010/
HP
http://kampokaon.com/

<前の記事

<前の記事
第89回/漢方的、自ら花粉症を悪化させる3つの習慣!?…

次の記事>

次の記事>
第91回/漢方的~春は「右側」が不調になる!?…

この連載の最新記事

驚きやすさは「腎力」不足?!

第102回/驚きやすさは「腎力」不足?!

更年期に漢方、なぜいいの?

第101回/更年期に漢方、なぜいいの?

「ブラがきつくなくなった」のは漢方のおかげ!?️

第100回/「ブラがきつくなくなった」のは漢方のおかげ!?️

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル