OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/215044/

グリーンのブーケと夏の朝食プレート

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

夏がやってきました。

気温が高い日が続き、あまり長く花が持たない季節ですが、こんな時は葉もの中心のグリーンブーケをよく飾ります。

ビバーナムスノーボールは、あじさいをひと回り小さくしたようなボール状の花で、小花がひとつずつ咲いていくと同時に、色が明るいグリーンからだんだんと白に変化していきます。

 

写真の花は3割ほど咲いた姿で、私はこのくらいの咲き加減がとても好きです。

もちろん満開で咲き切った姿も素敵です。

夏らしい明るいグリーンのクルクマは、初夏から夏にかけ咲く花で、原産地はインドともタイとも言われているそう。

他にもピンクや白などの色があり、それぞれの色で、ずいぶん印象が変わります。

 

このクルクマはショウガ科に属しており、種類によっては食用に適しているものもあるそうで、ショウガのような根をすりおろして使うことがあるようです。

どんな味がするのでしょう。やっぱりしょうがに似ているのかな。

 

茎が太く、よく水を吸うので、毎日新鮮な水に取り替えれば1週間以上キレイな花を咲かせてくれます。

小さな実がついているのはナツツバキ。

あまり目立たなく、楚々とした雰囲気ですが、他の植物と合わせやすい名脇役。

 

そして夏といえばパイナップル!

こちらは観賞用のミニパイナップルで、とても小さなサイズですが、ひとつあるだけで季節を存分に感じられる植物。

 

果実の部分がしぼんできたらヘタを切り落とし、水挿ししておけば根が生えてきて育てることが出来るらしく、植物や生き物を育てることが大好きな夫が、何やら嬉しそうに色々と調べていました。

わが家にミニパイナップルが育つのも・・・そう遠くなさそうです(笑)。

 

さて近頃の朝食プレートを紹介します。

 

大好きなクロワッサンに半熟目玉焼き、ソーセージ、グリーンサラダ、アスパラガスなど。

前日に作った夏野菜のカポナータの残りがあったので、それも添えてボリュームあるプレートとなりました。

デザートはキウイ。

最近ハマっているのが、バゲットにカマンベールチーズを乗せてトースターで焼き、仕上げにハチミツをたらり。

ブラックペッパーを振りかけ、甘じょっぱさを楽しみます。

 

添えてあるのはグリーンサラダ、サラダチキン、 目玉焼き、アスパラガス。

デザートはブルーベリーを乗せたヨーグルト。

カンパーニュにトマト、ツナ、チーズを乗せて。

ミニオムレツと生ハム、グリーンサラダ、デザートはオレンジ。

 

毎日本当に暑いですが、朝から栄養たっぷり、お腹いっぱいで元気モリモリ!

一日がんばれそうです。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

 

 

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第81回/ピラミッドアジサイといただきものメニュー…

次の記事>

次の記事>
第83回/蓮の実と夏のテーブル…

この連載の最新記事

秋の花と、息子と私のお弁当

第84回/秋の花と、息子と私のお弁当

蓮の実と夏のテーブル

第83回/蓮の実と夏のテーブル

グリーンのブーケと夏の朝食プレート

第82回/グリーンのブーケと夏の朝食プレート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル