OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/258021/

小さなブーケと自家製チャーシュー

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

夕飯の買い出しに立ち寄ったスーパーで、お買い得になっているお花を見つけました。愛らしいベビーピンクのバラ。種類は分かりませんが、ころんとしたカップ咲きがとても好きな感じ。花が開いてきているけれどまだまだこれからも楽しめそうなので、迷わず数本手に取りました。

 

同じく割引シールが貼られていたスカビオサなどと組み合わせてみると、思った以上に素敵なブーケが完成しそうな予感で思わずにっこり。

 

早速家に帰り、ガラスのベースに生けました。お花に触れている時間は私にとって至福のひととき。疲れている時や心が少しざわざわしている時にも、大好きな花から元気をもらえます。

季節は秋。色とりどりの花や植物が生き生きとする時で、とても楽しみです。

 

ある日の夕食、塊肉を使って自家製チャーシューを作りました。フライパンできつね色になるまで焼き、醤油、酒、砂糖、八角やシナモンなどのスパイスを加えたタレをじっくりと絡めます。

チャーシューというと中華料理のイメージですが、盛り付け方によっては全く違った印象になります。薄くスライスしたチャーシューを愛用しているマットなグレーのトレイに並べ、ベビーリーフを添えれば、おもてなしシーンにも使えるような見栄え。

キッチン中に香る食欲をそそる匂いに、完成を待ちわびていた家族。味も見た目も大好評であっという間に完食となりました~。

余った肉で翌日はチャーシュー丼でも作ろうかな、という考えは一瞬で消え去りましたが(笑)、作った料理を完食してもらえるのはこの上ない嬉しさ。今度は倍量で作りたいと思います。

 

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori    

 

 

 

 

 

 

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第105回/黄色いブーケとフルーツの前菜…

次の記事>

次の記事>
第107回/フウセントウワタとチョコチャンクスコーン…

この連載の最新記事

葉牡丹と真っ赤なラナンキュラス

第114回/葉牡丹と真っ赤なラナンキュラス

12月の花束と彩りラップサンド

第113回/12月の花束と彩りラップサンド

誕生日と12月のテーブル

第112回/誕生日と12月のテーブル

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル