OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/204014/

不倫男の「妻と別れる」は、「妻と別れたいくらいキミが好き」という意味です

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

最近も「妻と別れる」という男の話をすっかり信じて、スキャンダルに巻き込まれた女優さんの話がありましたね。

 

もちろん彼はまるっきりウソを言ってるわけではないと思います。そういう気持ちはあるんです。でも、あくまで「妻と別れたいくらいキミが好き」ということで行動は伴わないと。まあ、ホストのウソよりは、真心がこもってると思います(笑)。

 

だから「ありがとう」「うれしいわ」と気持ちだけ、素直に受け取っておきましょう。そして「本当に別れたら、また言ってね」と(笑)。

 

そもそも不倫男がやさしいのは、愛が深いからではなくて、あきらかに自分に弱みがあるから。それで相手が気持ちよくなるようなウソを平気で言うわけです。「妻との関係は冷え切っているんだ」「家に帰っても僕の晩ご飯なんか用意されてないんだよ」とかね。

 

それを信じて、休日に彼の家をこっそり訪ねてみたら、奥さんと子どもと仲睦まじく遊んでいる姿を目撃してしまってガーン!! みたいな(笑)。よくあるパターンですよね。とにかく不倫男の話は鵜呑みにしないようにしましょう。

 

一条連載_ill

天使のツラノカワ」コーラス1999年9月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第31回/人は成長するためには「先生」が必要です…

次の記事>

次の記事>
第33回/男でも女でも、賞味期限は「味付け」次第…

この連載の最新記事

秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

第39回/秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

第38回/男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

第37回/ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル