セブ島から船で2時間、ボホール島の”チョコレートヒルズ”へ

プロフィール写真

アパレル会社でバイヤー兼PRを担当。仕事で海外に行くこともチラホラ。4年前にはセブ島に住んでいたことも。行きたいって思った場所にはすぐにおでかけしちゃう行動派です。おでかけ先ではスマホや一眼レフでバシバシ撮影しているので、ブログでシェアします。都内在住。

はじめまして。yoccoと申します。
セブ島に4年前に在住していました。現在は都内在住なので、都内でのおでかけ情報を中心にブログを書いていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

在住経験もあるフィリピン、セブ島に行ってきました。セブ島までは成田から直行便で4時間半です。
今回の旅では、セブ島だけではなく近隣の島ボホール島へワンデイトリップ。

Photo5

ボホール島はセブ島から高速ジェット船で約2時間程。
行きやすい島NO.1なんですよ。
2017年某日早朝。
高速ジェット船のチケットをGETして、早速出発。

ボホール島行きのチケット売り場は、セブシティポートのPiar1というところにあります。
チケット売り場、混んでる。。

Photo1
Photo6

 

今回ボホール島Tripの目的は世界一小さいメガネザル「ターシャ」。
そして、
チョコレートヒルや、ロボック川などセブ島では出会うことがない自然をいっぱい満喫したい!!!
そんなことを胸に秘めてのワンディトリップです。

 

 

いざ、チョコレートヒルズへ。

Photo2

円錐の形をしている三角山が、乾季(4月~6月くらい)にはチョコレート色になることから、、チョコレートヒルズという名前がついたんですって。

この時期はまだグリーンですね。残念(>_<)

 

しかしながら神秘的な自然はやっぱり、すごい。
大きく深呼吸。

 

そして次は世界一小さいメガネザル、「ターシャ」に会いに。

ターシャは体長10-12センチくらい。手乗りサイズのメガネザルです。
写真は保護センター内で、1m-2mくらいの距離から望遠を使って撮影しました。「ターシャ」は絶滅危惧種にも指定されている動物なので保護センターで保護、飼育されています。

SONY DSC
夜行性で、コウモリやトンボが大好き。
そして、小さいターシャは昼間に起きている子を見つけるのが大変でした。

 

またストレスを感じやすい小動物ということもあり、触ったりできることはほぼできないそうです。
寝ている子は、こんな風に器用におやすみ中。

Photo3

⦅旅のプチ情報⦆
*セブ島→ボホール島(タグビララン)500ペソ
*セブシティ・ターミナルフィー 25ペソ
*チョコレートヒルズ入場料 50ペソ
*ターシャリサーチ&ディベロップメントセンター入場料 90ペソ
*ボホール島→セブ島 500ペソ
*タグビララン・ターミナルフィー 20ペソ
1ペソ=2.3円で計算(約3,000円)

 

ランチや、バンのチャーターを入れても6000円くらいで1日満喫☆
有意義な海外でのワンディトリップを楽しめる大人女子旅でした。

 

 

でも、帰りの船はめっちゃ揺れたー。
ジェットコースターに
2時間乗ってる気分・・・。
これもまた、旅のいい思い出かな。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top