飛騨髙山から足を伸ばして美術館、世界遺産、有形文化財の料亭旅館へ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

全国各地の寺社を中心とした旅の情報をお伝えしています。

前回は、飛騨高山の市内の魅力的なスポットをご紹介しましたが、今回は、高山を足場にして少し足を伸ばしたお勧めの場所をご案内しましょう。

 

一番目のおすすめは、飛騨高山美術館です。

吉田_飛騨近郊1

JR高山駅から路線バスで15分ほどと、とても行きやすい場所です。

飛騨高山の美術と言えば、飛騨の匠による彫刻やからくり人形が思い浮かびますが、こちらには、意外なことに、ルネ・ラリックやエミール・ガレを中心としたアールヌーヴォーのガラス作品が数多く展示されています。19世紀末インテリア館では、チャールズ・レニー・マッキントッシュの部屋やエミール・ガレの部屋も再現。とても見ごたえがある素晴らしい美術館であり、周辺の自然も美しいということで、「ミシュラン・オレンジガイド・ジャポン」や「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で、最高評価の3っ星を獲得しています。

 

飛騨高山美術館のホームページ

http://www.htm-museum.co.jp/

 

 

二番目のおすすめは、世界遺産の白川郷と五箇山(ごかやま)です。

吉田_飛騨近郊2

合掌造りと呼ばれる独特の屋根を持つ古い木造家屋が並ぶ山間の集落で、今も、実際に人々が暮らしています。

 

白川郷は飛騨高山と同じ岐阜県ですが、五箇山は県境を越えた富山県にあります。白川郷は近年、外国人観光客も増え、お店も多く、少し開けた感じもしますが、富山県側の五箇山は、時間やシーズンによっては、住人の方の姿しか見かけないほど静かなところです。二地域とも、以前は行くのにたいへんな時間を要した秘境でしたが、現在は道路も整備され、思いのほか簡単に行くことができます。

吉田_飛騨近郊3

JR高山駅の隣にバスターミナルがあり、白川郷や五箇山に行く観光バスや路線バスに乗れます。うまく組み合わせれば、富山市や金沢市にも行けるため、多くの外国人観光客がバスを利用します。わたしも今回は、観光バスを利用しました。

 

まずは遠い方の五箇山に向かいます。五箇山は地域の総称で、世界遺産の合掌造り集落は、菅沼と相倉(あいのくら)。菅沼には9棟の合掌造り家屋がありますが、今回のツアーでは、立ち寄らず、車窓から眺めました。絵本に出てきそうなかわいらしい村でした。

吉田_飛騨近郊3

23棟の合掌造り家屋がある相倉では、バスを降りて見学しました。

お店や民宿として営業している家屋もあり、内部見学可能な建物もあります。

しかし、この日は、わたしが乗ってきた観光バスのお客さん以外は、もくもくと雪下ろしをする住人の方にしか出会いませんでした。雪があるので東京から見ればまだまだ寒いですが、4月に近づくにつれ、山では山菜の芽も出てくるというお話を聞かせていただきました。

 

五箇山の情報はこちらです。

http://www.gokayama-info.jp/

 

 

続いて白川郷へ! 次のページに続きます。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top