年齢を重ねるほど“インナービューティケア”が重要に! キレイな人は、もう始めています。


インナービューティの大切さに目覚め、発酵マイスターを目指すモデルで女優の竹中友紀子さん。内側を美しくする日々の習慣と、それによって実感していることを教えてくれました。

0525K016s★

竹中友紀子 モデル・女優
大学院でタンパク質の研究をしていたリケ女(理系女子)。北アルプス登山をはじめ、ボルダリングやトレイルラン、マラソンも挑戦するアスリートの一面も。テレビドラマやCM、映画、舞台などで活躍中。

 

 

 

 

竹中さんは40歳を過ぎて発酵食にハマり、天然酵母を自作したり、味噌、醤油、納豆、ヨーグルト、甘酒などを試行錯誤しながら作っているそう。

 

 

「マクロビやローフードにも興味はありましたが、発酵食は長い歴史のある日本の文化。日本人の体に合っていると思い、勉強を始めました」。この夏、発酵マイスターの資格を取得する予定。

 

 

「30代までは、多少無理をしても翌朝にはリセットできていましたが、40代を過ぎると疲れや肌のコンディションが気になるように。発酵食を取り入れるなど、体の内側に意識を向けるようになってからは、肌も体力も疲れを感じにくくなってきました。忙しい日が続いても、大きく崩れなくなったのを実感します」

そんな竹中さんが実践する、インナービューティケアをお聞きしました。

 

1.運動する 

「これは、トレイルランの大会に出場したときの写真で、28kmの部、40代女子で3位に入賞しました。普段は週2~3回、10~15㎞ほど走るのが習慣になっています。父が登山が好きなので、子供の頃からよく一緒に山に登っていました。今でも家族と北アルプスの山に登るのが夏の恒例行事となっています。

 

以前はジムに通っていましたが、走る方がしなやかな筋肉がつき始めたような気がします。体重の変化がなくなり、冷えも気にならなくなりました。血行がよくなって、メイクの乗りもよくなったんですよ。運動後には肌つやがよくなっているのを実感します」

run

確かに、運動すると筋肉が増えるので代謝が上がり、血行がよくなるので体の内側がどんどんきれいになっていくということですね。それにしても、トレイルランなんて本格的ですね! 運動習慣のない私にはハードルが高いかも…とお話しを伺っていた編集者がつぶやくと、「駅をひと駅分、歩くだけでもいいようですよ」と竹中さん。それならすぐ始められそうですね!

 

 

2.発酵食を食べる

「塩麹にお肉を漬けておくと、柔らかくなりますよね。塩麹に含まれる酵素がお肉のタンパク質を分解するからです。分解されると栄養素が体内に吸収されやすくなる、という効果がありますが、それだけでなく、栄養価自体もアップするんです。そして、タンパク質が分解される過程でアミノ酸が生まれるので、美味しくもなる。いいことづくめです」

 

竹中さんが発酵食を作る際、愛用しているのは京都の老舗種麹屋、菱六の「米麹パウダー」。生麹を乾燥させ、きめの細かい粉末状に加工したもので、酵素の力が失われず活きています。
塩麹や醤油麹を作るのに便利で、「麹にありがちな粒が残らないのがいい」というファンも多い逸品です。お味噌汁に入れるだけでもOKなのだそう。

0525K050s★

米麹パウダー 100g 798円/京都菱六

☎075-541-4141

 

この米麹パウダーを使った、竹中さんがよく家で作るという、簡単発酵食を紹介してくれました。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第19回
年齢を重ねるほど“インナービューティケア”が重要に! キレイな人は、もう始めています。

  • To Top