富山県の井波町 日本一の木彫りの町で圧倒されました!

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

日本一の木彫りのまち、【井波】に行ってまいりました。

富山県の南砺市にあります。

井波は、1390年、京都本願寺5代門主が瑞泉寺を建立したことに始まります。

以来、井波は瑞泉寺の門前町として栄えてきました。

 

 

北陸新幹線を利用。

富山でレンタカーを借りました。

ナビの精度が上がってから、見知らぬ土地での運転の不安材料が減り、

助かっています。

 

 

まずは、【茶ぼ~ず】に向かいます。

「その日分がなくなり次第、営業が終了してしまうので、気を付けて」

と伺っていた、おいしいお蕎麦のお店です。

人気店だけあって、常に満席。

到着時刻が12時半を回っていて少し待ちましたが、

お陰様で本日分に間に合いました!

古民家でゆったりとした雰囲気の中、

コシがあって香りのよいお蕎麦と、からりと揚がった天ぷらを

とてもおいしくいただきました。大満足♪

 

 

井波彫刻発祥の地、【瑞泉寺】にお参りに行きます。

山門正面の精緻な彫刻は、富山県指定有形文化財。

必見です。

 

 

緻密さが、本当に凄いんです。

山門の隅から隅まで施されている井波大工の力作に圧倒されます。

女史の皆様にも、是非とも全身で感じていただきたい素晴らしさです。

正面の「波に龍」は、前川三四郎さんの作。

山門が類焼に及んだとき、水を吐いて火炎を防いだという言い伝えがあるほど

力強さを感じる龍です。

 

 

一方、山門近くに置いてある世界一長い木製の椅子。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top