パン好きが満足できるパン  虎ノ門blancとルパンコティディアン芝公園でパン三昧

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

ライブを見るため、また東京にやって来ました。
東京に来るのは、ライブとパン屋さん巡りが目的。

2泊3日、ライブは3公演。空いてる時間で行きたいパン屋さん5件をピックアップ。
東京滞在中、お米は全く食べておりません。

 

飛行機が遅れてしまい最初に行く予定のお店に行けなくなる事に。
初日、2日目は、近場でパンを食しライブへ走る。

 

さて、いよいよ勝負の最終日。
まず、虎ノ門にある「blanc」へ。
虎ノ門駅から5分程歩くと小さな看板があり小道に入るとお店が。
「close」となっていますがこれはビストロの方。パンはお店の横のカウンターで販売しているのです。


「パンだー」と思わず駆け寄り可愛い木のトレー片手に迷いまくります。

パンの名前だけで、そそられます。
「ベーコンとはちみつと生姜」
「とろろ昆布と青のりのベーコンエピ」
「ゴルゴンゾーラとパイナップル」などなど。
私のチョイスは、シンプルなチャバタと

「高知の宇佐一本釣りイワシオイルサーディンと高知のぽんかんとういきょう、グリーンオリーブ」
パンの上に肉厚イワシがドーン。ピラッピラのアンチョビとはわけが違います。トッピングというより、サバサンドを食べた時のような満足感。爽やかなぽんかん。美味しくいただきました。

 

私が欲しかったのは、瓦というカンパーニュ。焼きあがったばかりでカットが出来ないのでホールでと見せていただいたらまさに瓦、大きい!無理です。次回、モーニングかランチでビストロにお邪魔していただく事にします。
あぁ、虎ノ門のOLさんが羨ましい。こんな美味しくてセンスのよいパン屋さんがあるなんて。

 

次に向かったのは、芝公園プリンスホテルにある「ルパンコティディアン」

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top