アメリカ・カナダ 東海岸 紅葉クルーズ(その3)ケベック

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

アメリカ・カナダ東海岸 紅葉クルーズ 

その3:カナダ・ケベック

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、前回に引き続き、アメリカとカナダの東海岸を船で巡る旅の第3回です。

ボストンからノルウェージャン・ドーン号に乗り込み、途中で大嵐にも遭い、一番のお目当てだったプリンスエドワード島には上陸できず。けれど、その分船上生活を存分に楽しみながら、いよいよクルーズ最終日となりました。

船は海からセントローレンス川に入っているため、一昨日の大嵐がウソのように穏やかな航海です。岸辺の岸壁の紅葉を眺めながら、ゆったりとした船の旅。このあたりはフィヨルド地形なので、風景は変化に富みます。

朝食中に「まもなくザグネのノートルダム像が船の左手に見えてまいります」とのアナウンスが。しばらくすると、確かに岸壁の上に小さなマリア像が見えました。その瞬間、アベマリアの音楽が流れ、乗客の中には手を合わせる方もいました。わたしたちが、観音様に手を合わせるのと同じ感覚でしょうか。ちなみにザグネとは、本日の寄港地の名前です。

ザグネはケベックシティから200キロほどのところにある小さな可愛らしい町です。

港では、田舎風の扮装をした女性たちがお出迎え。ここはもうフランス語圏なので、「Bonjour Bienvenue!」です。この地方の特産物であるブルーベリーをたっぷり使った手作りパイをいただきました。素朴で美味しい!

フランス文化圏なので、カトリックの教会がいくつもあります。

内部見学もできます。華麗ですね。

さて、いよいよ下船日がやってきました。夜明けとともに、この絵のような風景が見えて驚きました!うっすらと雪化粧をしたケベックシティ旧市街。バルコニー付きの部屋に泊まっていてよかったと思えた瞬間です。ちなみにこれは、ケベックシティにとって今年初めての雪でした。

 

次ページからは、ケベックのご案内。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第90回
アメリカ・カナダ 東海岸 紅葉クルーズ(その3)ケベック


  • To Top