OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

お寺のような空間の中で、 応挙寺の襖絵群を鑑賞

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、現在、東京藝術大学大学美術館で開催中の、「円山応挙から近代京都画壇へ」という特別展のご案内です。

この展覧会の大きな見どころは、兵庫県香美町の大乗寺にある重要文化財の襖絵群の再現展示です。円山応挙を筆頭に、著名な門人13名が制作した165面もの襖絵がある大乗寺は、「応挙寺」とも呼ばれ、美術ファンの垂涎の的となっています。

 

実はわたしも、今から30年以上前に、この寺を訪れたことがあります。その時は、冬の日本海でカニを食べるのが目的でしたが、近くにどこかよいところはないかしらとタクシーの運転手さんにお願いして連れて行ってもらったのです。次から次へと優れた襖絵に囲まれた部屋が現れ、予備知識がまったくなかったこともあって、びっくり仰天。京都から遠く離れた海辺の町にこんな素晴らしい寺があるなんてと感激した記憶があります。

 

大乗寺のサイトはこちらです

http://www.daijyoji.or.jp/main/index.html

大乗寺のデジタルミュージアムはこちら

http://museum.daijyoji.or.jp/

 

しかし、正直言って、そのころの襖絵群はかなり破損が目立っていました。これだけの文化財があまりにももったいないことだが、何しろ膨大な数なので、修復費用も莫大になるのだろうと思ったものです。その後、何年もたってから、テレビで、すっかり華麗に生まれ変わったこちらのお寺の様子を見る機会がありました。2000年から襖絵修復プロジェクトが始まり、165面の襖絵を災害や腐食から守るための収蔵庫もできたとのことです。

 

もう一度このお寺に行って、見事な襖絵群を見てみたいと思いつつ、なかなかその機会は訪れませんでした。しかし、先日ついに、東京藝術大学の美術館で、その一部を目にすることができました。

 


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第106回/故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ…

次の記事>

次の記事>
第108回/ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能…

この連載の最新記事

ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

第108回/ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

お寺のような空間の中で、  応挙寺の襖絵群を鑑賞

第107回/お寺のような空間の中で、 応挙寺の襖絵群を鑑賞

故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

第106回/故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル