日本のモンサンミッシェルに行ってみよう 神が宿る島、壱岐を旅する【後篇】

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

寺社を中心に、全国各地の旅情報をお届けしています。

今回は、前編に引き続き、神秘の島壱岐のご案内です。

 

 

 

モンサンミッシェルを思わせる

小島神社

 

地元を知りつくしたバスガイドさんが、

「ぜひこの神社を壱岐で一番の観光地にしたい」と大プッシュ。

この神社がある内海湾は、弥生時代に、一支国(壱岐)と大陸を行き交う船が停泊し、

小舟に乗り換えて人や物資を運んだところです。

 

満潮時には鳥居と沖の小島に見えますが、

干潮時には海が割れて参道ができ、岸から渡れます。

 

寺社部長 小島

寺社部長 小島神社

写真提供/壱岐観光協会(※干潮時の写真のみ)

 

 

神社の入り口は岸から見て裏側にあり、

そこには、小さな穴のあいた石があります。

その穴に口を当てて吹くと宇宙を思わせる澄んだ音が出ます。

つまりこれは自然が作り上げた岩笛なのですが、

その場で吹くことはできても、記念に持ち帰ることはできません。

この島は神社だけでなくすべてが神域なので、

どんなものも、絶対に持ち帰ってはいけないのです。

 

島に渡ってお参りしたい方は、

くれぐれも、事前に潮位をチェックしてからお出かけください。

渡る時は干潮でも、すぐに満ちてきて、

うっかりすると島に取り残される危険もありますので。

 

寺社部長 祠

 

岸辺に前宮と思われる小さな祠もあります。

満潮時にしか行けない方は、こちらでお参りを。

 

http://www.ikikankou.com/wp/?p=774

(気象庁の潮汐表へのリンクもあります)

 

 

海の中に立つ

六体のお地蔵さん

 

壱岐は漁業が盛んな島なので、

海で働く人々の安全や大漁を願うための神仏もたくさんあります。

その代表例が、この、海中に祀られたお地蔵さん。

これも、干潮時には陸から歩いてお参りできますが、

満潮になると、胸のあたりまで海に浸かってしまいます。

 

寺社部長 お地蔵さん1

寺社部長 お地蔵さん2

 

六体あるのは、人間が死後、六つの世界を輪廻すると考えられているからです。

それぞれのお地蔵さんをよく見てみると、

おなかの上に丸い穴が開けられています。

そのためこのお地蔵さんは、「はらほげ地蔵」と呼ばれます。

「ほげる」とは、地元の言葉で「えぐる、穴をあける」という意味です。

 

寺社部長 お地蔵さん穴

 

なぜここに穴があるのか。

ここにお賽銭を入れ、満潮時に流れてしまわないように。

船からお供えができるようになど、いろいろな説がありますが、

本当のところどうなのかは、まだ解明されていないようです。

 

実は、これとよく似た海中の石仏が、三重県の伊勢志摩にあります。

「潮仏」と呼ばれており、近くで暮らす海女さんたちに信仰されてきました。

その場所とこちらの共通点は、その海女さんです。

 

http://www.ikikankou.com/wp/?p=785

 

 

後半では、壱岐の美人海女さんが登場。レオタードを着てもぐる理由は?

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第15回
日本のモンサンミッシェルに行ってみよう 神が宿る島、壱岐を旅する【後篇】

  • To Top