ミシュラン2つ星をめぐる温泉街散策コース@修善寺

プロフィール写真

aya

子供が独立して自由な時間が増え、料理、食べ歩き、旅行に加えてゴルフ、華道と趣味は広がるばかり。新たな発見と小さな感動を求めて、その時々の気分とノリでおでかけライフを満喫中。さいたま市在住。

伊豆のゴルフ場に行く途中、修善寺温泉街に立ち寄ってみました。

 

温泉街の中心を流れる桂川には5つの橋が架かり、周辺に名所旧跡が点在する情緒たっぷりの散策コースが整っています。修善寺はフランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を獲得。 温泉マップにのっている「ミシュラン2つ星をめぐる温泉街散策コース」1時間半のところを少し省略して1時間で巡ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コースのスタートは修禅寺。平安初期に弘法大師が開基したと伝えられ、地名の由来となっているお寺です。地名は「善」ですがお寺は「禅」なんですね。

 

鎌倉時代には源頼朝の子である頼家がこの寺に幽閉され、生涯を終えたということでも有名だそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

境内にある宝物館に入館し(大人300円)、源頼家の顔を模したとされる木彫りの面や、お寺の裏山から出土された密教仏具の独鈷杵(とこしょ)などの展示品を見学しました。 古面は岡本綺堂が「修禅寺物語」を書くきっかけとなった面で、大ぶりですごい形相をしています。そして、独鈷杵は修善寺観光のキーとなるものです。修善寺温泉は伊豆最古と言われ、弘法大師・空海が金の独鈷杵で湯を湧き出させたという言い伝えがあるのです。

 

お寺の隣が日枝神社。修禅寺の鎮守様で小さな神社ですが、境内には大きな夫婦杉があってその間を通ると子宝に恵まれるとか…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コースに従えば、次は北条政子が息子頼家の冥福を祈って建立した「指月殿」ですが、そこをパスして、桂橋を渡り竹林の小径へ。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方



  • To Top