「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」 あの興奮が《シネマ歌舞伎》に!

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

あの興奮が《シネマ歌舞伎》になって戻ってまいりました。
「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」

image1

シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台公演をHDカメラで撮影し、映画館の大スクリーンでのデジタル上映で楽しむもの。あたかも劇場の特等席で鑑賞しているかのような迫力で、歌舞伎を堪能することができるんです。

image2

昨年の10月、舞台を楽しんだ「ワンピース」(昨年の私の興奮ぶりは、こちら
シネマ歌舞伎の公開を楽しみに、上映前の「ワンピース展」にも足を運んでみました。(どれだけ好きなんでしょうねぇ…)

image3

image4

「映画になったら、どんな感じなのかしら…」
ワクワクしながら、映画館へ足を運びます。

image5

映画を鑑賞して、あの興奮がまたまた蘇ってまいりました!お陰で、昨年の舞台公演後と同様、主題歌が暫し頭から離れなくなっておりました(笑)
ご一緒した友人(映画が初ワンピース)の感想も「面白かった!」「実際の舞台も観たい!」と、すっかり気に入っていた様子でした。

 

 

そうなんです!
舞台鑑賞した方も見逃してしまった方も楽しめるのが、《シネマ歌舞伎》の良さなんです。

 

 

舞台鑑賞では見ることのできないアングル。見逃していた部分。映画ならでは、の演出や効果音。そして、役者さん大迫力の表情(汗まで見えます)と息遣い。
まさに舞台と映画のいいとこ取りが、《シネマ歌舞伎》なんです。しかも、お値段もリーズナブル。2,100円(税込)で楽しむことができます。

 

 

また、上映時間は、実際の舞台よりも短く編集されています。(とても上手く編集されています)
「歌舞伎は長すぎて…」と思っていらっしゃる忙しい女史の皆様にも、ぴったりなんです!

 

 

今年度は、6月の「阿弖流爲(アテルイ)」から始まり、来年3月の「二人藤娘/日本振袖始」まで。《月イチ歌舞伎》として、およそひと月に1作品、計10作品が上映されます。
なんと私、上映の全作品制覇中でございます。

image6

さて、私のシネマ歌舞伎との出会いの始まりは、歌舞伎座での幕間中。
「シネマ歌舞伎も面白いわよ」
「是非、ご覧になって」
と、幾人かのご婦人方より勧められたのを機に、足を運んでみたのが2〜3年前。
初めての鑑賞は「大江戸りびんぐでっど」クドカンさんの脚本で話題になった舞台ですが、見逃していた作品でした。以来、歌舞伎でもなく映画でもないエンタメ《シネマ歌舞伎》にハマっています。

 

 

次ページで、私のおすすめ作品をご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top