OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/92386/

沖縄聖地の旅その2 那覇とその近郊の聖なる場所巡り

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

沖縄聖地の旅その2

那覇とその近郊の聖なる場所巡り

 

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

今月は、沖縄の聖地巡りの旅をご案内しています。

前回に引き続き、那覇とその周辺で見つけたお気に入りの場所をご紹介しましょう。

 

お気に入りの場所

その1 壺屋やちむん通り

 

「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼き物のこと。壺屋は地名で、ここで産する陶器を「壺屋焼」と言います。今から約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工をここ壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりです。

吉田_沖縄2-1

有名な観光エリア「国際通り」から徒歩10分くらい。焼き物の店や窯元が立ち並んでいますが、わたしはある時から、もう器は増やさないと決めたので、店は簡単に流すだけ。壺屋焼は素朴な味わいでとても素敵なので、じっくり見ている、とまた買いたくなって困りますからね。

吉田_沖縄2-2

ではここで何をするのか。それは街歩きです。やちむん通りとその周辺には、石畳、石垣、赤瓦の屋敷、など、昔ながらの雰囲気を残す場所が多く、迷路のようなスージグヮー(沖縄の言葉で路地のこと)を歩いているうちに、ふと不思議な世界に入り込んでしまうような感覚があります。古くからのウガンジュ(地域の人が神に拝むための拝所)もありますが、そこだけでなく、このエリア全体に、土地の神の気配が濃厚に漂っている気がします。

吉田_沖縄2-3

それほど広いエリアではないので、地図を見ないで、足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩く方が、いろいろ発見があって楽しいです。わたしは、旅するときはいつもカメラを持って、道端にある仏様や神様の像を撮影しているのですが、ここ、沖縄ではシーサーに目が吸い寄せられます。

吉田 沖縄シーサー組吉田 沖縄シーサー組

シーサーとは「獅子」、つまり、本土で言うところの狛犬とルーツを同じくするものです。狛犬は、神社やお寺に祀られることが多いですが、シーサーは、個人の家や屋根、通りなど、ありとあらゆる場所に祀られます。家や人、集落に災いをもたらす悪霊を追い払う意味があると言われます。これだけたくさんのシーサーがあるということは、沖縄には、そこら中に悪霊がいるということ?それでもやっぱり、シーサーに守られているから安心安心。

 

壺屋やちむん通りの情報はこちらにあります。

http://www.tsuboya-yachimundori.com/

 

次のページでは首里城周辺のご紹介です。

お気に入りの場所

その2 首里城周辺

 

首里へは、那覇中心部からモノレールで簡単に行けます。主な観光地は世界遺産首里城と玉陵(たまうどぅん)。首里城の周辺は広い森になっており、歴史的建造物が点在している。首里城見学を終えたら、この公園を歩いてみると、意外な発見があります。

吉田_沖縄2-7

首里城周辺には、かつて、仏教寺院や王族などの屋敷が立ち並んでいました。その中でももっとも重要なのが、この円覚寺。あれ、円覚寺って鎌倉の寺と同じ名前では?そう、この寺は、日本からやってきた南禅寺のお坊さんが初代住職を務めた臨済宗の総本山で、円覚寺に倣った七堂伽藍の形式を備えた壮麗な寺院でした。しかし、沖縄戦でほとんどが破壊されてしまい、現在は円覚寺跡という史跡となっています。

吉田_沖縄2-8

円覚寺の前には、「円鑑池(えんかんち)」という池があり、その池の中央に弁財天堂があります。ここには、航海安全を司る水の女神・弁財天が祀られています。建物は当初1502年に建てられ、1629年に修復されました。これも沖縄戦で破壊されたため、その後1968年(昭和43)に復元されました。

吉田_沖縄2-9

首里城と周辺には観光客が多いですが、少し離れると、ぐっと人は少なくなり、のんびり散歩ができます。ランチにお勧めなのは、「ほりかわ」という蕎麦屋さん。路地の奥にあるためなかなか探しにくいですが、行ってみる価値は十分。蕎麦屋さんと言ってもカフェ風のおしゃれな店で、ヘルシーな海藻料理が三つもついたセットメニューをいただきました。

 

「ほりかわ」の情報はこちら

http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004812.aspx

 

今回はもうひとつ、お気に入りの場所を…。次のページに続きます。

お気に入りの場所

その3 金城石畳道

吉田_沖縄2-10

昔、琉球時代に、首里城から識名園を経て那覇港へとつながる真珠道(まだまみち)という官道がありました。一部に石畳が残っており、昔の風情を味わいながら歩くことができます。スタートは首里城の守礼門近く。ただしここは相当な急坂です。首里城からは下りですが、下りきると、タクシーしか移動手段のないところに出てしまいますので、石畳道を途中まで下り、適当なところで首里城方面に引き返すのが無難です。でもそれは当然、たいへんな登りなので、できれば比較的涼しい日に出かけましょう。

吉田_沖縄2-11

最初の坂道を下りて行くと、見晴らしのよい場所に、「石畳茶屋 真珠」があります。

バルコニー席からは、はるか海までが臨めます。

 

石畳茶屋 真珠のオフィシャルブログ

http://ameblo.jp/chayamadama/

 

吉田_沖縄2-12

さらに下って行くと、大通りに出ます。その先が、石畳道の入り口です。

 

坂道の途中から路地に分け入ったところの奥に、謎めいた森があります。「住宅街を歩いてきたはずなのに、いつの間にわたしは、こんなジャングルのようなところに来たのだろう」と驚くでしょう。その上、あたりには、何やら不思議な霊気が漂っているような・・・

吉田_沖縄2-13

樹齢300年のアカギの木もあります。ものすごいパワーを感じます。

吉田_沖縄2-14

このシーサーの隣には、「340年ほど前、村人がここを通るたびにただならない霊気を感じるので、これはただごとではないと王府に願い出て拝所を置き、神々と人々の交流の場となった」と書かれた立て札があります。なるほど、沖縄では、人の暮らしがあるところなら、どこにでも神様に祈る場所があるのです。

 

金城石畳道の情報はこちら

http://www.okinawastory.jp/spot/1360

 

 

吉田さらさ 公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

吉田さらさ Facebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa

吉田さらさ イベントのお知らせページ

https://www.facebook.com/yoshidasarasa2

 

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#沖縄

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第46回/沖縄聖地旅その1 神に選ばれし者だけが行けるワルミ聖地…

次の記事>

次の記事>
第48回/2017年の初詣でにお勧めの寺社は?…

この連載の最新記事

令和最初の春に、日本の始まりを知る展覧会「出雲と大和」

第114回/令和最初の春に、日本の始まりを知る展覧会「出雲と大和」

情熱のスペイン一人旅 その5 マドリッドとトレド編

第113回/情熱のスペイン一人旅 その5 マドリッドとトレド編

情熱のスペイン一人旅 その4 アンダルシア編

第112回/情熱のスペイン一人旅 その4 アンダルシア編

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル