大宮盆栽美術館でしだれ桜の盆栽づくり

プロフィール写真

子供が独立して自由な時間が増え、料理、食べ歩き、旅行に加えてゴルフ、華道と趣味は広がるばかり。新たな発見と小さな感動を求めて、その時々の気分とノリでおでかけライフを満喫中。さいたま市在住。

ガーデニング好きの流れで以前からちょっと気になっていた盆栽。
さいたま市民対象の「大宮盆栽美術館見学としだれ桜の盆栽づくり」の催しを知り、これは絶好のチャンスと参加してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そもそもなぜ、さいたま市に盆栽美術館?
関東大震災で大きな被害を受けた東京の盆栽業者が盆栽生育に適した土地を求めて移り住んだのが大宮市(現、さいたま市)。
最盛期の1935年頃には、30の盆栽園がありその地区は盆栽村と呼ばれていました。
その後、日本では生活様式の変化などにより盆栽人気は陰りをみせて盆栽園の数も減少しますが、海外ではBONSAIと呼ばれ愛好家が増加。盆栽の聖地といわれる盆栽村には外国人愛好家の姿が目立つようになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そうした中、2010年盆栽村の近くに「大宮盆栽美術館」が開館。
盆栽の名品を数多く所有し、季節に合わせた企画展を開催するほか、
盆栽づくりのワークショップを行うなど日本が誇る伝統文化の盆栽を
世界に向けて発信しています。

 

周囲の景観にしっくりなじむ落ち着いた建物の美術館。
ロビーに入って目を引くのは季節の一鉢。
訪れたときには「日本鎌柄(かまつか)」が展示されていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
根、幹、枝、葉、実、すべてが自然に生えている木のミニチュアサイズ。
小さいけれどもスケール感があってパワーがみなぎっています。
盆栽を鑑賞するには、盆器の中に凝縮された大自然の情景をイメージすることが大切
と説明を受けましたが、それを感じるのにぴったりの一鉢でした。

 

次はいよいよワークショップ!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top