生姜を使った京都生まれの国産ナチュラルスキンケア 「しょうが百花」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

今年、京都で生まれた品々などを中心に紹介する「第1回京都ギフトショー」で出会ったのが、「生姜」を使った「生姜とオリーブのマルセイユ石けん」(80g 1,380円税別)です。

鮨のガリ、ジンジャーエール、豚肉の生姜焼き、そして蕎麦やうどんの薬味にたっぷりと、生姜が大好きな私、思わず、その石鹸に心惹かれました。ローズやラベンダーなど西洋の花を使った芳しい石鹸は、以前使ったことはありますが、生姜の石鹸は初めて。体にいいと言われる生姜、スキンケアとしても、きっといいはず…。そこで実際に使ってみることに…。とろりとした細かな泡立ち、かすかに生姜の香りが広がります。抗酸化作用があると言われる生姜…肌がすっきりする感じに。洗い上がりは、ツッパリ感なくしっとり。なかなか快適な使い心地に顔だけでなく、全身に使いたくなります。

フランスのマルセイユで数百年前から作られた伝統の石鹸に基づいて、オリーブオイルの配合率を守り、そしてスクワランなどの潤い成分を石鹸に残す非加熱製法を用い、一か月以上熟成させた手間ひまをかけたもの。さらに高知県産の生姜をたっぷり練り込み、まさに生姜のパワーが詰まった石鹸で、生姜の温かみのある香りに心も和みます。

 

この石鹸を開発したのは、京都に住む白山智香さん。会社勤めをしていた白山さんが起業し、「しょうが百花」というスキンケアブランドを立ち上げたのは2011年のこと。

以前から乾燥肌に悩まされ、ずっと肌状態が改善するスキンケア製品に出会えなかった、そんなある日、偶然目にした手づくりスキンケアの本。それをもとに実際に作った石鹸が、肌にとても馴染み、肌荒れが改善したのだそう。「石鹸だけで、こんなに肌の状態が変わるのに驚きました」と白山さん。原料と製法の違いで、こんなに肌にやさしい石鹸ができることに気づき、創業50年以上のノウハウを持つ石鹸メーカーと試作を重ね、やっとご自身の肌で納得できる石鹸が完成しました。

 

「生姜は、肌にも良いことが新しく研究発表され、大手化粧品メーカーのスキンケア製品にも配合されており、美肌づくりのために、この生姜の石鹸を安心して発売しました」と。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第104回
生姜を使った京都生まれの国産ナチュラルスキンケア 「しょうが百花」


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top