HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/beauty-report/340850/

美容皮膚科・渡邊千春医師(56)が美しさをキープするために30代から今までしてきた美容医療&ケア

美容医療の話題が身近になってきた感がありますが、効果などわからないこともたくさん。実際に美容医療のプロの素敵女医は、自身でどんなケアを受けてきたの? 美容皮膚科の渡邊千春先生に30歳から56歳現在までのケア履歴を語っていただきました。

「今をキープ」するこまめなメンテ&最新医療も!

渡邊千春さん

渡邊千春さん
Chiharu Watanabe

56歳 美容皮膚科 医学博士
千春皮フ科クリニック院長

 

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医など多くの資格を持つ。日本プラセンタ医学会理事。患者の心の負担を軽減する適切な治療とアドバイスをすることがポリシー

 

体の内外からバランスをとりつつ、こまめな治療を

気になったことは自身の肌や体ですぐ試して、効果実感を得られた健康法や美容医療を、ライフスタイルに合わせて取り入れている渡邊千春先生。

 

「若い頃からの肌悩みや出産時の経験から学んだことが多いんです。サプリメントに頼りすぎず必要な栄養素は極力食事でとる。美容医療は極端な変化を求めず、肌状態に合わせたものを少しずつ取り入れるのが私のスタイル。最新の美容医療や話題の健康法、エクササイズにも目を光らせます。50代になった今は複数の美容医療も受けますが、気になるところをまめに調整する感じで、ナチュラルなエイジングケアを心がけ、診療でも提唱しています」

 

素敵女医の
私の美容医療&ケア ヒストリー

●30歳

30歳の渡邊千春さん

10代からアトピー性皮膚炎に悩んでいたことから皮膚科医を目指しました。大学病院に皮膚科医として勤務していた頃は、スキンケアを研究、ケアとバランスのよい食べ順を意識した食生活で肌質改善を。マシンは35歳でフォトフェイシャルをはじめ、RF、ハイフと試すように。子どもを産んで歯が抜けたりして、豆腐や魚などタンパク質を意識して多くとるように。

 

●40歳

40歳の渡邊千春さん

34~41歳にかけて4人の子どもを出産。双子を出産したときは半年入院し、変形性膝関節症を患いました。筋肉が落ちたので大腿四頭筋などの筋トレを始め、ビタミンなどサプリメントも。また、プラセンタ注射と出合って効果を実感し、週2回コンスタントに打つように。40代半ばからはこめかみにヒアルロン酸、眉間や目尻にボトックスなども少しずつ開始。

 

●50歳

50歳の渡邊千春さん

プラセンタ注射のおかげか更年期は不調を感じないで終えましたが、ホルモン低下による代謝の衰えを感じ、週2回のパーソナルトレーニングを開始。納豆やキムチなどの発酵食品とともに乳酸菌のアルベックスなどで腸活も。ビタミンDの効能を重視、飲む日焼け止めソルプロなどを摂取。たるみ、小ジワなどは、気づいたときにまめにマシンを使い分けて対処するように。

 

56歳の今は

56歳の今の渡邊千春さん

 

●朝晩のプロテインで体づくりのインナーケア

サプリメントはビタミン剤と乳酸菌をとるくらいで、あまり頼っていません。欠かさずとっているのは手頃な価格で買えるプロテイン。タンパク質は筋肉を作るために大切なので、朝は運動前にホエイを、夜は体内にゆっくり吸収されるソイを摂取しています。

プロテイン

愛用しているVALXのホエイプロテインを、水や豆乳で割って飲みます。フレーバーが豊富でおいしいので、子どもたちにも飲ませています

 

●毎日のスキンケアはプラセンタ入りコスメで!

40代で出合ったプラセンタ注射の効果の虜に。現在、週2回一度に4アンプルを。自分で監修したスキンケアシリーズにも、馬のプラセンタエキスをはじめとした美容成分をたっぷり配合。プラセンタはコラーゲン生成や抗酸化作用、美白などの効果があり、基礎的な肌力が整います。

渡邉千春さん監修のプラセンタ入りコスメ

[左から]プラジュネーションセラム 30㎖ ¥12,100・プラジュネーションローション 120㎖ ¥7,700・プラジュネーションクリーム 50g ¥14,300/千春皮フ科クリニック

 

●パーソナルトレーニングでボディをメンテナンス

年齢的にむくみ対策が必要なので、全身をEMSで20分刺激する「X BODY Lab」のパーソナルトレーニングをしています。マッサージなどのコンディショニングとともに、週2回を3カ月続け、ボディが締まってきました。出勤前、短時間でできるので継続できます。

パーソナルトレーニング

EMSの刺激をむくみやすいふくらはぎや足裏にも。血流のポンプ機能を衰えさせないことが、全身のエイジングケアに大事です

 

●愛用の頭皮ケアアイテムで美しいロングヘアをキープ

髪のために続けているのがOgshi(オグシ)のサプリメント。髪の発育に不可欠なアミノ酸やミネラル、ビタミンB群などが配合されて、髪のハリとボリューム感の維持に役立ちます。uka(ウカ)の頭皮用ブラシを使ってシャンプーしたあと、Ogshiのスカルプエッセンスを使って頭皮ケアは万全です。

愛用の頭皮ケアアイテム

[左]女性用育毛サプリメント Ogshi 90カプセル ¥10,584/千春皮フ科クリニック
[右]uka スカルプブラシケンザン ¥2,420/ウカ

 

●骨盤の引き締めや尿もれ予防にスターフォーマーを

4人の子どもを出産しているので、フェムゾーンが緩むリスクを感じています。そこで取り入れているのがスターフォーマープロによる骨盤底筋トレーニング。週2回、30分座っているだけなので楽です。骨盤や腟の締まりがよくなり、ヒップアップにも効果的。

スターフォーマー

強力な磁気の力で筋肉や神経を刺激して、骨盤底筋や体幹の筋肉を鍛えるスターフォーマープロ。腟の引き締めや尿もれの改善、腰痛改善、ウエストやお尻のシェイプアップにも!

 

●美容医療は肌状態に合わせたメニューを定期的に

違和感なく年を重ねたいので、必要に応じた最低限の美容医療を取り入れています。今は月に1度のティクセルⅡによるフラクショナル治療と週2回のエクソソーム導入がメイン。ティクセルⅡは一瞬の接触時間で熱をダイレクトに届けられるので、小ジワなどさまざまな肌トラブルの改善に。エクソソームの導入は、たるみやくすみの改善に効果があります。

 

このほか、2カ月に1度のエンディメッドプロと、4カ月に1度のハイフ、特殊な糸によるスレッドリフトでたるみをメンテナンス。ハイフ(ニューダブロ)は、高密度焦点式超音波で真皮層とSMAS層を一時的に収縮させることでリフトアップがねらえます。こうして定期的にケアすることで肌の土台を整え、長期的なたるみ予防をしています。

美容医療

[左]エンディメッドプロは、痛みなしで安全に行えるたるみ治療マシン。RFを照射することで肌の深層にあるコラーゲンを刺激し、肌を引き締めます。
[右]ティクセルⅡはノンレーザー、ノンRFの次世代フラクショナル治療。アイガード不要で行え、まぶたや目尻、目のきわぎりぎりまで照射が可能。痛みやダウンタイムが少ないのもうれしい特徴です

 

さまざまな美容効果があるエクソソーム導入に注目!

従来から続けていた照射治療にエクソソームの導入をプラスすることで、より高い美肌効果が得られるようになりました。コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞の働きを活性化してくれるので、顔全体や目元のハリ感アップに結果が表れていると思います。

エクソソーム導入

エクソソームは幹細胞から分泌された細胞外小胞体。活性が必要な細胞に選択的にメッセージを伝達し、肌の再生や抗炎症、血管再生、肌のバリア機能改善に効果が期待できます

 

 

写真/本人提供 取材・原文/中込久理

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/美容皮膚科・小村十樹子医師(57)/35歳で美容医療をスタート。最先端を積極的に…

この連載の最新記事

美容皮膚科・住吉周子医師(59)の美容医療/レーザーとスレッドリフトで「1年後に今より少し若く元気に見える」が理想

第3回/美容皮膚科・住吉周子医師(59)の美容医療/レーザーとスレッドリフトで「1年後に今より少し若く元気に見える」が理想

美容皮膚科・小村十樹子医師(57)/35歳で美容医療をスタート。最先端を積極的に試し続けてこの若々しさ!

第2回/美容皮膚科・小村十樹子医師(57)/35歳で美容医療をスタート。最先端を積極的に試し続けてこの若々しさ!

美容皮膚科・渡邊千春医師(56)が美しさをキープするために30代から今までしてきた美容医療&ケア

第1回/美容皮膚科・渡邊千春医師(56)が美しさをキープするために30代から今までしてきた美容医療&ケア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル