OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/otona_beauty/face-sagging/206882/

「フェイスマップ」でわかる!肌トラブルは体からのメッセージです

奈部川貴子さん

奈部川貴子さん

1964年生まれ。美容アナリスト、ビューティウェルネス研究家。2013年より世界中の顔の反射区研究を開始。さまざまな知識と検証から独自の美容メソッドを確立。セラピスト、セルフケアのアドバイザーとしても活動

顔の反射区「フェイスマップ」の理論による簡単セルフケア

 

顔は体を映し出す鏡、美しさと健康へと導く地図―。

そこから名づけられた顔の反射区「フェイスマップ」の理論による簡単セルフケアで、顔のたるみに強力アプローチを。

 

 

シワ、シミなどの肌トラブルは体からのメッセージ!

 

自分のほうれい線は、なぜほかの人より目立つのか?  最近、目の下のたるみが気になる…など、日々、鏡を見るたび悩ましいのが肌の変化や老化。

 

「フェイスマップの理論では、ほうれい線が目立つのは腸が弱っているせいでは?  目の下のたるみは腎臓が疲れているためでは?  と考えます」

 

肌のトラブルは、いわば"体からの排泄メッセージ"。体が処理しきれない老廃物が汗や皮脂などと一緒に排泄される際に、吹き出物やシミ、シワ、たるみになるといいます。食事や生活習慣も大きく影響を与えます。

 

「まず、栄養の偏りやストレス、不規則な生活など、肌や体に悪影響となる原因を見直すのが大切。そして、刺激ポイントに心地よい刺激を与えることで、つながる臓器に活力を与え、体を健康に導きながら肌の調子を整えていくのが、フェイスマップケアなのです」

 

 

あなたの肌不調の本当の理由は?

 

MyAge/OurAge世代になると気になる、顔のシワやたるみ…。これらは、その部位に対応する臓器の衰えが原因かもしれません。例えば、口 まわりは大腸のゾーン。ほうれい線が深い人は腸内バランスが悪く、大腸の機能が低下している可能性が。眉間は肝臓、こめかみは胆嚢(たんのう)のゾーン。ここは怒りの感情の影響を受けやすいので、眉間のシワやこめかみの青筋は、「蓄積された怒りの感情」の表れかも。あなたの肌不調、本当の理由は?

まぶたのたるみ

まぶたは腎臓と対応し、体のコンディションが如実に表れる場所。塩分を控えるなど、腎臓をいたわるケアが必要かも

 

こめかみのシミや色ムラ

こめかみは胆嚢と対応しています。胆嚢に負担をかける動物性脂肪をとりすぎたり、怒りの感情をためてはいませんか?

 

目の下のくまやシワ

目の下も腎臓と密接な関係が。血液をろ過して、血圧を調整し、体液のバランスを整える腎臓の働きが衰えている?

 

あごの吹き出物や二重あご

あごは生殖器(子宮や卵巣)と対応しているので、生理不順や更年期症状など、ホルモンバランスの乱れが考えられます

 

ほうれい線

口のまわりは消化器系の影響を受けやすく、特にほうれい線は大腸の状態が表れる場所。腸内細菌のバランスは大丈夫?

 

マリオネット線

下頰のあたりも呼吸器系に対応。過度なストレス、パソコンやスマホの使用による前かがみ姿勢で、呼吸が浅くなっていない?

 

頰の乾燥&小ジワ

頰は呼吸器系の影響を受けやすいエリア。喫煙や白砂糖のとりすぎも呼吸器に負担をかける要因。心当たりはありませんか?

 

眉間のシワ

眉間は、肝臓のゾーン。解毒機能を担っている肝臓に負担をかけたり、怒りの感情をためているのかも

 

額のシワ

額の上部は大腸、中央は小腸に対応。ストレスの影響を受けやすい部位なので、額のシワが深いのは、ストレス過多が原因かも

 

 

美容と健康に有益な理由

顔に心地よい刺激を与えるとふたつのルートで皮膚の再生、血流改善や筋トレなどの効果がもたらされ、美容と健康にうれしい影響が!

 

次回からは、フェイスマップケアによる実際の改善方法を、お伝えします。

 

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/島村まみ 構成・原文/山村浩子

 

 

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第1回/たるみ防止の最強メソッド「フェイスマップケア」とは?…

次の記事>

次の記事>
第3回/綿棒で「目のまわり」のたるみをケア!/「フェイスマップケア」実践①…

この連載の最新記事

綿棒で「フェイスライン」のたるみをケア/「フェイスマップケア」実践③

第5回/綿棒で「フェイスライン」のたるみをケア/「フェイスマップケア」実践③

綿棒で「ほうれい線」のたるみをケア!/「フェイスマップケア」実践②

第4回/綿棒で「ほうれい線」のたるみをケア!/「フェイスマップケア」実践②

綿棒で「目のまわり」のたるみをケア!/「フェイスマップケア」実践①

第3回/綿棒で「目のまわり」のたるみをケア!/「フェイスマップケア」実践①

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル