HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/makeup/262819/

目元の老け印象は、「血色オレンジ」アイメイクで簡単に解消!

ノンコ

ノンコ

不器用なため、アイメイクは、指1本でできるとか、チップでささっと塗るだけなど、“簡単”というキーワードに弱い私…。今回紹介するヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさんの提案するメイク法は、そんな私でもできる簡単なテクニックばかり。ぜひ参考にして下さいね。

記事一覧を見る

コロナ禍も少し落ち着いてきたとはいえ、油断は禁物。マスクをする生活はもうしばらく続きそうですね。

 

マスクを着用する生活だと、目元のメイクがかなりその人の印象を左右します。

ただ、漫然とコロナ前と同じアイメイクをしていると、暗い印象に見えたり、老けて見えてしまう……と感じている人が多いよう。

 

「その原因は、アイメイクが昔と同じままだから! チークやリップ込みでトータルで見たときはバランスがよかった定番アイメイクも、マスク着用で目元だけになると、暗い印象になってしまいがちです」とヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。

 

マイエイジ世代の40代、50代が愛用してきたブラウンのアイシャドウ、黒いマスカラやアイラインなどが、老け見えを誘ってしまうのだそう。

 

目元が老け印象にならないアイメイクのポイントは?

 

長井さんは、マスクを着用しているときのアイメイクは、頬と唇が見えない分、“目元に血色感”を加えることが大事! といいます。

 

若く見える秘訣は血色感なので、マスクでチークとリップが見えない分、暖色のアイシャドウで血色感をアピールするのが効果的。暖色の中でも“オレンジ”なら、肌から浮かず、大人でも無理なく取り入れられるからおすすめです、と長井さん。

 

アイシャドウは「血色オレンジ」をチョイスして

 

若々しい目元に見せるには、生き生き感と優しさが備わった「血色オレンジ」がベスト。

最近の血色オレンジは、透明感あるさりげない発色のものが多いので、まぶたがはれぼったく見える心配もありません。

 

──長井かおり流・「血色オレンジ」のアイシャドウを使ったアイメイク。いくつか教えていただいたメイク法の中から、ここでは2つだけご紹介します(↓)。

 

 

■若々しい目元に見せるコツ・その1

「血色オレンジ」単色でアイメイクする

 

オレンジの単色アイシャドウをブラシに取り、目の上に、ワイパーのように左右に往復させてつけるだけ。

多色使いは目元を重く見せ、老け見えのもとに。単色でも、透明感とツヤ感があるオレンジを使えば立体感が出せます。

↑ 上のアイメイクのプロセスで使用しているのは、「血色オレンジ」の万能パウダー。長井かおりさんとのコラボカラーです。オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルピグメント 01 ¥2,530/ヤーマン

 

 

■若々しい目元に見せるコツ・その2

いつものブラウンに、「血色オレンジ」単色を重ねる

 

オレンジ初心者は、オレンジだけを塗るアイメイクに抵抗があるかもしれません。

使い慣れたブラウンがある場合は、手持ちのブラウンのアイシャドウをのばした上に、オレンジの単色アイシャドウを重ねます。

ブラウンとオレンジの2色が混ざって濁らないよう、オレンジは指で押さえるように重ねるのが失敗しないコツだそう。

上に重ねるだけで、オレンジニュアンスを楽しむことができます。

↑ このアイメイクで使用している「血色オレンジ」コスメも、上の「若々しい目元に見せるコツ・その1」で使用した商品と同じです。

 

 

↓ 目元を「血色オレンジ」のアイシャドウで仕上げた【完成メイク】でマスクを着用すると、こんな感じに。

 

「血色オレンジ」なら、マスクしていても、優しくぬくもりのあるまなざしに!

目元に血色感があるから、老け見えや暗い印象とは無縁

 

これなら、チークやリップが見えなくても、きつい&暗い印象にならず、好印象な顔でいられますね!

↑ ニット¥12,980/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) チョーカー¥13,200・イヤーカフ¥12,100・リング¥15,400/ノムグ

 

最後にあらためて、上のメイクを教えていただいた方をご紹介します(↓)。

 

メイク法を教えてくれたのは、人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんです

 

長井かおり(ながい・かおり)さん

ヘア&メイクアップアーティスト。誰にでも真似できる簡単なテクニックで、大人の女性のキレイを引き出すメイクが評判。多くのメディアやイベントなどでメイク指南を行っています。

 

MyAge(マイエイジ)2021秋冬号のメイク特集『マスク時代の時短ビューティ/定番カラーを見直して、温かなまなざしへ/長いかおり流 目元メイクでマイナス5歳』では、40代、50代の私たちの目元を、生き生きと元気に見せるためのメイクのコツをたくさん紹介しています。上で紹介したテクはそのほんの一部。

 

マスクを着用したときに目元しか見えないことで、かえって気になってしまう40代、50代の悩み……顔色が悪く見える、疲れて見える、老けて見える、きつい印象に見えてしまう、目元のシミ、シワ、たるみなどが悪目立ちしてしまう、etc.

 

これらの悩みが、アイシャドウ、コンシーラー、アイライナー、パウダーなどを使った、あの手この手の簡単テクで見事に解決できます! 

複雑な手間はかからない“プチテク”が多いので、不器用さんでも面倒くさがりさんでも大丈夫。

 

「自分の顔印象を今よりもっと魅力的にしたい」と思っている人は、参考になるメイクテクが必ず見つかるはず。ぜひ、こちらの特集をご覧ください!

 

 

MyAge(マイエイジ)2021秋冬号の詳しい内容と試し読みはこちらでぜひチェックを!

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号およびバックナンバーはこちらのネット書店でも。

 

 

撮影/天日恵美子<モデル> 久々江 満<物> ヘア&メイク/長井かおり モデル/樹神 スタイリスト/程野祐子<服> 取材・原文/小田ユイコ

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル