OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/264478/

首が老化しやすいのは、生命維持に必要なものがすべて通る部位だから!?/高瀬聡子皮膚科医が解説

普段あまり意識されていない首ですが、顔以上に年齢が表れやすいとされています。皮膚科医の髙瀬聡子先生に、首の機能と老けやすさの関係を伺いました。

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

大きな機能を担う首はその構造から老化しやすい

「首は重い頭部を支えているだけでなく、その太さ15㎝ほどの筒状の中に喉頭、気道、食道、骨髄などが通り、唾液腺や甲状腺などもあります。神経、血管、リンパなど、生命維持に必要なものがすべて通っている、重要な臓器といえます」(髙瀬聡子先生)

 

私たちは普段あまり意識しませんが、首は発声を司り、空気や食べ物、脳の指令を各臓器や手足へ伝える通り道。

「首メンテ」イメージイラスト

「そのため、それらの機能を支える特徴があります。ひとつには骨格的に可動域が広く、前後左右に動く構造です。それゆえ、皮膚は顔などより薄く、伸縮性がありますが、反面、筋肉がこりやすい環境です。そして老廃物を排出したり、細菌・ウイルスなどを撃退するリンパ節が多く存在します。

 

このように多様な働きを担うことから、老化が顕著に表れやすい部位ともいえます。しかし、メンテナンスをしっかりすることで、美容面だけでなく、免疫力の強化など、健康増進の効果も期待できるのです」

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/君島十和子さん「首にシワができないよう、顔と同じケアと姿勢を徹底しています」…

次の記事>

次の記事>
第3回/首の皮膚は顔の3分の2の薄さしかないって知ってる?/首が老化しやすい理由(前)…

この連載の最新記事

首の「イボ」と「シワ、たるみ」。皮膚科や美容医療でできることは?/高瀬聡子皮膚科医が解説

第7回/首の「イボ」と「シワ、たるみ」。皮膚科や美容医療でできることは?/高瀬聡子皮膚科医が解説

首の角質ケア・UVケアはどう行う?/皮膚科医高瀬聡子先生が解説

第6回/首の角質ケア・UVケアはどう行う?/皮膚科医高瀬聡子先生が解説

首に顔と同じ保湿が必要な理由/高瀬聡子皮膚科医が解説

第5回/首に顔と同じ保湿が必要な理由/高瀬聡子皮膚科医が解説

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル