HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/266389/

首の「イボ」と「シワ、たるみ」。皮膚科や美容医療でできることは?/高瀬聡子皮膚科医が解説

年齢とともに増えるイボや、クリニックでの美容治療について、皮膚科医の髙瀬聡子先生に伺いました。

 

イボケア
イボは意外と簡単に取れる⁉

年齢とともに増えてくる、首にできる小さなイボ。

 

「イボは良性の腫瘍で、皮膚の老化、紫外線の刺激、服やアクセサリーのこすれなどが、おもな原因です。直径1~3㎜程度のスキンタッグ、それより大きい軟性線維腫などがあり、取る方法は、ハサミで切る、液体窒素による冷凍療法、炭酸ガスレーザーなどがあります」。

 

自分でハサミで切る人もいるようですが、衛生面を考えるとNG。クリニックで保険適用になることもあるので、皮膚科で相談を!

 

 

クリニック
50代から来院者急増! 美容医療にできること

「顔は念入りなケアで若さを保っているのに、首の老化が進み、顔との落差に驚いて、駆け込んでくる人も少なくありません」。

 

では首の横ジワには、美容クリニックではどんなことができるのでしょうか?

 

髙瀬先生のクリニックのおすすめは「ヴェルヴェットスキン」。これは特殊な薬剤を用いてコラーゲン生成を促進する「マッサージピール」と、微細な針によって本来の自然治癒力で肌の再生を促す「ダーマペン」を合わせた治療法。

 

また、遠赤外線と高周波で肌を引き締めて、シワやたるみを改善する照射系治療の「サブライム」も人気が高いそうです。

ヴェルヴェットスキン治療

「ヴェルヴェットスキン」はダブルの効果でコラーゲン再生を促し、弾力を取り戻します。

 

首1回¥44,000/ウォブクリニック中目黒

 

サブライム治療

「サブライム」は遠赤外線と高周波で肌を引き締める、痛みやダウンタイムが少ない治療法。

 

首1回¥22,000/ウォブクリニック中目黒

 

■ ウォブクリニック中目黒のホームページはこちらから

 

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/首の角質ケア・UVケアはどう行う?/皮膚科医高瀬聡子先生が解説…

次の記事>

次の記事>
第8回/気になる首のしわ!その原因は生活習慣? 避けるべき日常の姿勢とは?…

この連載の最新記事

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

第11回/会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル