HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/270349/

気になる首のしわ!その原因は生活習慣? 避けるべき日常の姿勢とは?

ついやってしまいがちな日常の姿勢を改善して、シワやたるみを作らない生活習慣を心掛けて!

 

姿勢
首にシワが寄る姿勢を避ける

「首は可動域が広く、前後左右に傾き、ねじることもできます。それが可能なのは、皮膚が薄く、伸縮性に富んでいるから。

 

しかし、つねに同じところにシワが寄り続けたら、それはやがて定着します。これが年齢とともに深く刻まれる“横ジワ”です」(髙瀬聡子先生)

 

特に問題なのが、首を前に倒した姿勢。ついやってしまいがちな日常の姿勢を下にまとめました。これらを改善するだけで、首の横ジワがグッと薄くなるはず!

 

 

●寝ながらテレビを見る

ソファに横になってテレビを見る姿勢

ソファに横になってテレビを見る姿勢…。一見ラクそうですが、首や肩の筋肉に左右差が出て血流、リンパの流れも悪化します

 

●スマホをのぞき込む

今や現代病ともいえるスマホ首

今や現代病ともいえるスマホ首。長時間うつむいた姿勢でいることで、首の骨にまで影響が。最近は若い人にも急増中!

 

●パソコン作業で前かがみに

仕事に欠かせないパソコン作業も姿勢が大事

仕事に欠かせないパソコン作業も姿勢が大事。前かがみにならないようにパソコンの位置を工夫しましょう。頰杖をつくのもNGです

 

●高さの合わない枕で寝ている

寝姿勢も首に大きな影響を与えます

寝姿勢も首に大きな影響を与えます。高い枕だと、つねに首にシワが寄った状態に。高さを調整して、首への負担を減らす工夫を

 

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第7回/首の「イボ」と「シワ、たるみ」。皮膚科や美容医療でできることは?/高瀬聡子皮膚科医が解説…

次の記事>

次の記事>
第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは…

この連載の最新記事

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

第11回/会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル