嗚呼ッ! 親が元気なうちに○○しとけばよかった……きょうだい同士、子供時代の妬みや恨みまで再燃させる相続。トラブル回避の決め手とは?

プロフィール写真

東京・銀座の「元気が出るお金の相談所」所長。FP歴22年目。これまでの相談件数は5000件以上、講演回数は1千回を超える。一男一女を育てあげた後、現在は義母と実母の介護に直面中。 お得な情報はより多くの人に知らせてあげたい!というおせっかいな性格。 モットーは「最後まで自分らしく生き抜く」。

こんにちは!

元気が出るお金の相談所所長の安田まゆみです。

 

前回の

意外?相続でもめる家の遺産は○○万円以下が多かった!54歳主婦、義父の遺した300万円を巡る夫と義弟の争いに疲れ果て……

の続きについてお話ししたいと思います。

***********************

今回解決に向けて私が真っ先にしたのは82歳になるお姑さんの本音をきくこと。

なぜかというと亡くなった方の配偶者であるこのお姑さんの意向こそ、一番尊重されるべきものだからです。

 

お姑さんは最初はためらっていましたが、やがて

「先生、家を売って施設に入るとしたら私の場合はどうなるんでしょうか」

とおっしゃいました。

「あの家は思い出がいっぱい詰まっていて愛着があるけど、主人ももういないし、ひとりでここに住み続けるのは不安があります。

見守ってくれる人がいる施設に入って、自力でできることはやりながらちゃんと暮らしていけるところがあればって思っていたんです。

 

でも、息子たちはあの家を残してほしいと思っているようだったので、家を売りたいってなかなか言い出せなかった……」

 

 

そこで家を売るとした場合、いくらぐらいで売れそうか、経費はいくらかかりそうかを調べてみました。

土地がやや広かったおかげで建物の解体費用や残物撤去代、不動産屋さんへの仲介手数料などもろもろの経費全部を払っても、手取りで2000万円が残ることがわかりました。

 

計算してみると、年金だけでは明らかに足りない今後の生活費を取り崩したとしても、あと20年は暮らしていけると思われました。

 

さっそく私からご家族にお姑さんの本音をお伝えしたところ、なんと家を売るという選択肢は、お姑さんだけではなく息子たちの頭の中にも最初からあったそうです。

 

ところが息子たちは家を手放すというのは母親にとってはとても悲しいことだろうからと思って「この家を売ればいいじゃない」とは言い出せなかったそうなのです。

 

まさに今ニュースをにぎわせている〝忖度〟を親子がお互いにしていたのです。

それにしてもこの忖度って相続の場でもけっこう多くみられるんですよ。

 

忖度は相続においてトラブルのもとです!

やるべきは忖度ではなく(親の意向の)確認なのです!!

 

 

結果としてお姑さんは家を売却してサービス付き高齢者住宅に移ることになりました。

 

息子たちは遺された預貯金300万円から長男は100万円を、次男は150万円を分割してもらい、一件落着。

このようにどのご家庭も相続は単純ではありません。

 

遺言が無かったり、残された人たちに親の意向が伝わっていないと遺産相続への要望や希望、考え方を残った者同士がぶつけ合うことになるのですが、遺産が多くない場合こそ、どんどん細かいお金の額が気になってきてしまうわけです。

 

 

だから私は常々、親が健在なうちに家族みんなで相続について話しておくことを勧めているのです。

 

その大切さがわかるH樹さんの例を最後にご紹介したいと思います。

 

★他人事ではないH樹さんの経験談! 読めば身につまされること必至! 気になる続きは次ページに

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top