HAPPY PLUS
https://ourage.jp/doctor_blog/177947/

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

前回に続き根来教授が最新医学に基づいた「視床下部を鍛える根来式脳トレ」をレクチャーしますよ。

 

 

根来 こんにちは、根来秀行です。今回は視床下部の睡眠・覚醒中枢を整えていく眠り方を伝授します。

 

 

いし 視床下部には睡眠と覚醒の中枢があるんですね。

 

Dr.negoro_ill

睡眠中枢と覚醒中枢はシーソーのような関係。睡眠中枢から覚醒中枢の働きを抑える信号が出ることで眠くなり、覚醒中枢から睡眠中枢の働きを抑える信号が出ることで目が覚めます

 

 

根来 視床下部での睡眠と覚醒の切り替えをスムーズにするには、自律神経とも連動している体内時計を整えることが大切です。

 

 

いし 睡眠と覚醒のリズムは体内時計が調整しているんですよね。

 

 

根来 はい。睡眠と覚醒によるリズムを調整しているのは、ひとつひとつの細胞に備わっている時計遺伝子ですが、1日に11分ほどの微妙なズレが生じます。
このずれを修正する標準時計の役割を担うのが、視床下部のすぐそばにある「視交叉上核(しこうさじょうさかく)」です。左右の視神経が交差するあたりに位置します。

 

 

いし 視交叉上核は眉間の奥のほうにある約1万個の神経細胞ですよね。以前、根来教授に習いました。えっへん。

 

 

根来 さすが、よく覚えていましたね! 目から入った朝の光が視交叉上核から脳幹にある松果体(しょうかたい)へと伝わると、体内時計がリセットされ、替わりに15〜16時間後に、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌を促すメラトニンが分泌するようセットされます。

 

how to sleep
早起きしてすぐ陽の光を浴び、
夜はデジタルデトックス!

 

 

いし 視床下部の睡眠&覚醒中枢を整えるには、サーカディアンリズム(概日リズム)を整えることが大前提ということですね。そのために気をつけることは?

 

 

根来 朝6〜7時に起きてすぐ朝の光を浴びると、21〜22時頃にはメラトニンの分泌が始まり、眠くなってきます。そのまま23〜24時に眠りつけば、成長ホルモンの分泌のピークとも重なり合い、相乗効果で質の高い深い眠りが得られ、朝から元気に脳が働きますよ。

 

 

いし 休日は昼過ぎまで寝ていたいなあ。

 

 

根来 朝10時過ぎに起きるとメラトニンの分泌が激減し、陽の光を浴びても体内時計がリセットできないので、休日も朝から活動しましょう。

 

 

いし はぁ〜い。

 

 

根来 あと、夕方から夜にかけて強い光を浴びると、体内時計が後ろにずれて眠くなる時間が遅れます。とくにスマホやパソコンは、ブルーライトが視神経を刺激してメラトニンを抑制するだけでなく、電磁波がメラトニンを破壊します。交感神経も刺激されて寝つきを悪くしますから、睡眠2〜3時間前にはそれらの電源はすべて落とすことをすすめます。

 

 

いし 夜の原稿書きやメールチェックは御法度ってことですね! でも根来教授も仕事で夜中にハーバードとのやりとりをすることが多いんじゃ……。

 

 

根来 そこは悩ましいところですが、そんな時は翌日にいつもより早めに眠りについて、起きる時間は合わせます。また、そんな時ほど3食はしっかりとることで、できるだけサーカディアンリズムをずらさないで睡眠負債を返済するようにしています。

 

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

 

 

 

Dr.negoro_photo

 

 

(次回のテーマは「脳内たんぱく質がパフォーマンスを上げる!」です。お楽しみに!)

 

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

次の記事>

次の記事>
第96回/脳内たんぱく質がパフォーマンスを上げる!

この連載の最新記事

瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

第164回/瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第163回/「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第162回/「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル