重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

今回からは根来教授が最新医学に基づいた「視床下部を鍛える根来式脳トレ」をレクチャーします。

 

 

根来 ごきげんいかがですか? 根来秀行です。視床下部の機能を高めるには脳内環境をよくすることが大事です。そこで鍵になるのが睡眠と食事。脳に効かせる眠り方&食べ方を4回にわたって講義します。

 

 

いし 初回は眠り方レッスンということですが。

 

 

根来 はい。前回お話しした、寝ている間に脳の老廃物をお掃除してくれる「グリンパティックシステム」を、効率よく働かせる眠り方を伝授します。

 

 

いし いしまるこの脳なんてゴミだらけだと思いますよ。寝ている間に働き者の細胞がお掃除してくれて、朝起きると脳がスッキリしてるといいなあ。

Dr.negoro_ill

 

根来 アルツハイマーの原因物質ともいわれる〝アミロイドβ〟も、おもに睡眠中に排出されるので、グリンパティックシステム機能がよい状態で維持できれば、認知症予防も期待できますよ。

 

 

いし ますます知りたくなりました!

 

 

根来 グリンパティックシステムが働くのは、ノンレム睡眠の最も深い眠りのとき。よく「ノンレム睡眠=深い眠り」と勘違いされるのですが、ノンレム睡眠には4つの段階があり、本当に深い眠りは多少の物音では起きない「レベル4(深度4)」。寝入りばなの1.5~3時間に訪れ、成長ホルモンの分泌もこのときピークを迎えます。

 

 

⚫️睡眠時の脳波はどうなっている

Dr.negoro_ill

レム睡眠の時には覚醒している時に似て小刻みな脳波で、ノンレム睡眠になると徐々に脳波の振れ幅が大きくゆったりしてきます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第94回
脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top