HAPPY PLUS
https://ourage.jp/doctor_blog/41695/

食の秘策⑨/”食べてはいけないもの”のルール

意識して食べているものだけでなく

特定のものを”食べない”ことも”食のルール”のひとつです。

素敵女医たちの”食べてはいけないもの”はどのようなもの?

 

 

 

食べてはいけないもののルールを持っている 98%

 

積極的にとっている食品は人それぞれでしたが、

食べないようにしているものは共通して

同じものを挙げていました。

 

特に多かったのは、コンビニの弁当やサンドイッチ、

スイーツ類、ファストフード、スナック菓子、

でき合いの揚げ物、添加物の入った加工食品、

カロリーゼロのジュースなど。

 

糖質制限をしている人は、

当然のことながら炭水化物であるご飯、パン、うどんなどの麺類に始まり、

糖質の高いいも類やれんこん、かぼちゃ、とうもろこしなどの野菜も控えていました。

 

「トランス脂肪酸が多いマーガリンや揚げ物、

合成着色料や保存料が使用されている食品、

甘くて茶色の食品(糖化食品です)は食べません」

(阿部圭子先生)

 

「調理して時間がたった揚げ物は食べないように」

(大倉萬佐子先生・53歳・眼科・アイクリニック天神)

 

「塩辛いもの、ジャンクフード、添加物の多い食品、

農薬の多い野菜はとりません」

(常喜眞理先生)

 

「カロリーが高く塩分が多いラーメン、揚げ物、

ハンバーガーは食べないように」

(杉本由佳先生・57歳・眼科・中目黒眼科)

 

 

 

市販のハム・ソーセージ、マーガリン、白砂糖はNG

素敵女医 山口先生

山口恵子さん Keiko Yamaguchi
46歳・眼科 

やまぐち眼科クリニック

 

「食べないようにしているのは、マーガリン、

市販のハム・ソーセージ、白砂糖です。

反対に意識して食べているのは、

果物、発酵食品、オメガ3系の油、

無農薬野菜、無添加食品。

朝食はかなりしっかり食べます。

餃子、ハンバーグ、時にはステーキのことも!」

 

 

撮影・フードアート/大垣友紀惠

取材・原文/上田恵子

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第8回/食の秘策⑧/腸内環境を整える

次の記事>

次の記事>
第10回/食の秘策⑩/実践でわかった!糖質制限の真実<前編>

この連載の最新記事

食の秘策⑪/実践でわかった!糖質制限の真実<後編>

第11回/食の秘策⑪/実践でわかった!糖質制限の真実<後編>

食の秘策⑩/実践でわかった!糖質制限の真実<前編>

第10回/食の秘策⑩/実践でわかった!糖質制限の真実<前編>

食の秘策⑨/”食べてはいけないもの”のルール

第9回/食の秘策⑨/”食べてはいけないもの”のルール

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル