HAPPY PLUS
https://ourage.jp/healthy_gohan/76887/

昆布パワーを再発見!富山名物「黒とろろ昆布」のレシピもご紹介

山田玲子

山田玲子

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

記事一覧を見る

昆布パワーを再発見!
富山名物「黒とろろ昆布」

 

 

出張で富山県の高岡市に行ってきました! そこで昆布の素晴らしさを再発見しましたので、今日は昆布について書きたいと思います。

 

昆布は日本人の食には欠かせない食材ですが、あまりに身近すぎて、特別に意識して食べたことがないかもしれませんね。家庭ではだしをとったり、煮物に入れたり、塩昆布でいただいたりするくらいではないでしょうか?

 

実は、富山県は昆布が採れないのに、消費量は全国でもトップクラスというちょっとユニークな県。国産昆布のほとんどは北海道産なのだそうです。

 

富山県と昆布との関わりは江戸時代から。北海道から日本海沿岸を南下し、瀬戸内海を回って大阪へと荷を運ぶ「北前船」の寄港地のひとつが富山でした。北海道からは昆布やニシン、サケなどが運ばれ、富山からは米や薬が積み込まれたそうです。

 

昆布はなんとなく「ヘルシー」というイメージがありますが、どのような美容・健康効果があるのでしょうか。

 

食生活が欧米化し、肉や加工食品を多くとるようになった現代人の体は酸性に傾きがち。健康な体を維持するためには、弱アルカリ性に保つ必要があるので、アルカリ性食品を意識的に多くとることが大切です。アルカリ性食品といえば野菜ですが、昆布は野菜よりも強いアルカリ性を持っていて、食品中でもトップクラスなんです!

 

また、昆布は現代人に不足しがちなミネラルの宝庫。たとえば、カルシウムは牛乳の7倍も含まれています。また、腸内環境を整え、健康維持に欠かせない食物繊維も、大豆の約5倍と豊富に含まれています。

 

そのほか、昆布にはいきいきとした美肌作りに役立つ成分がいっぱい! 昆布に含まれるヨウ素には、適度な摂取によって肌の新陳代謝を活性化させ、健康な髪や爪を作る働きがあるとのこと。ビタミンB2も肌荒れ防止に欠かせないビタミンです。

 

昆布が持つネバネバ成分、フコイダンには胃の粘膜を保護し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌を排泄する働きがあります。腸の免疫細胞を活性化して免疫力アップにつながるということでも注目を集めていますね。

 

そして、富山で昆布といえばこのとろろ昆布。おにぎりにも海苔ではなく、とろろ昆布をつけるのが一般的だそうです。

 

 

山田_とろろ昆布1

 

私たちが普段よくいただく白っぽい色をしているのは「白とろろ昆布」で、昆布の中を削ったものですが、富山ではこの「黒とろろ昆布」。これは、昆布の表面を削ったもので、富山だけで食べられているものなのだそうです。とろろ昆布は、昆布を酢で柔らかくしてから削るため、表面を削った「黒とろろ昆布」のほうが、酸味が強いという特徴があります。

 

それでは、この「黒とろろ昆布」を使ったレシピをご紹介しましょう。サラダと冷やしうどん。どちらも、ムシムシとして食欲がダウンしがちなこの時期に食べやすいさっぱりメニューです。

ヘルシー効果いっぱいの昆布を食べて、爽やかに梅雨をのりきりましょう!

 

山田_とろろ昆布2

 

トマトの黒とろろサラダ

 

材料

フルーツトマト……4個

キュウリ……1/2本

アボカド……1/2個

黒とろろ昆布……適量

オリーブオイル……適量

塩・こしょう……適量

 

作り方

①フルーツトマトの中をくり抜き、くり抜いた部分を細かく切る。キュウリとアボカドも7ミリ角に切る。

②①と黒とろろ昆布と合わせてオリーブオイルをからめ、塩・こしょうで味を調える。

③中身をくりぬいたトマトの器に②を詰める。

 

もうひとつのレシピは、次のページでご紹介します。

山田_とろろ昆布3

 

黒とろろの冷やしうどん

 

材料

うどん……1玉

みょうが……1個

大葉……3枚

梅干し……1個

黒とろろ昆布……適量

白ごま……適量

めんつゆ……適量

 

作り方

①うどんはゆでて冷水にはなし、冷たくして水気をきる。

②みょうががと大葉はせん切りに、梅干しは種をとって叩いておく。

③器にうどんをのせて、みょうが、大葉、黒とろろ昆布、叩いた梅干しをのせる。冷たくしためんつゆをかけて白ごまをふる。

 

 

 

NEWS

山田玲子サラアボウルレシピ表紙

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第36回/「美の味方」ココナッツで麗しデザート

次の記事>

次の記事>
第38回/新しょうがの甘酢漬けで、夏の元気とキレイをサポート!

この連載の最新記事

【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

第108回/【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

第107回/【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

第106回/【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル