HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/11744/

”自分史上最高の枕”に出会いたい! 理想的な枕の条件とは……。

こんにちは!

昨夜はふと思いたち枕を要求するうちの犬に、試しに腕枕をして寝てみたギリコです。

結局二の腕がしびれて途中でやめましたが、世の中の(ラブまっ盛りな)男性陣の苦労がよくわかりました。

 

あのときのあなた(=相棒など)、私のために腕のシビレを我慢してくれてたのね……。

遠~い遠い昔、殿方に腕枕をしてもらった記憶がよみがえった昨夜の午前2時(ハートマーク)。

 

 

おっとと、ハーレクインな時間にSayグッバイ!

熟睡したいなら腕枕よりちゃんとした枕ですよ!!

 

 

ということで昨日のブログ“40歳は首の曲がり角”、枕を見直す適齢期だった!? の続き、MyAge春号で見つけた『理想的な枕の条件と正しい使い方』を今回はご紹介します。

 

 

枕の役割は頭と頚椎を優しく支えること

 

”枕博士”の愛称を持つ整形外科医奥山隆保先生によれば、

「リラックスした状態(無理に背筋を伸ばさなくてOK)で立ったときの、後頭部から肩にかけてのラインを、そのまま寝姿で再現できること」

が理想的な枕だそう。

 

 

「それには頭、首、肩の3点で支えることが重要です。しかもその圧比が頭2.5:首1.0:肩1.2のとき、最も寝心地がいいと感じることが判明。これが3点支持理論です」

この3点支持理論を叶えるためのポイントは

 

 

①後頭部は低め

後頭部を優しく包み込むように、少し凹むような形である。

 

 

②理想の圧が保てる硬さ

ヘタリすぎず、ある程度の圧が保てる素材のものを

 

 

③頚部は高め

頚部のカーブに沿うような形状、首元が少し高めになっている。

 

 

④頚椎のもつ自然なカーブが保てる

頚椎の自然な湾曲をそっと支えて、保ってくれる形

 

 

イラストにするとこんな感じです。

頚椎のもつ自然なカーブが保てている様子

横から見たとき  後頭部~首の後ろ~肩  と体の構造が持つ自然なカーブが保たれていますよね。

一箇所だけに圧がかかるのではなく3点で支えているので圧が分散できているのです。

 

では反対にNGな枕とはどんな枕でしょう?

 

高すぎる枕

高すぎる枕

高すぎる枕は頸椎が前屈する形になり、首や肩の大きな負担に。肩コリやいびきの原因にも……!!

 

低すぎる枕

低すぎる枕

低すぎる枕はあごが上がる形になるので、頭や首が安定せず、やはり頸椎の大きな負担に。また脊柱も歪んでしまい、これは首や背中の筋肉が緊張し、さまざまな不調の原因になることも。

 

頭だけがのるような上下の幅がない枕

上下の幅がない枕の図解

頭だけがのるような上下の幅のない枕では、首が不安定な状態になり、優しく支えることができません。

枕はただ頭をのせるものではなく、首を支えるものです。

繰り返しになりますが頭、首、肩の3点で支えることで、心地よい寝姿勢が保てます。

この3点支持理論を実現するためにも、枕は肩口に当たるくらいにして使うことが大切。さらに、左右に寝返りを打つことを考慮して、横幅、奥行きともに、ある程度の大きさが必要なのです。

 

 

 

 横向き寝のときはどんな枕がいいの?

 

つねに仰向けで寝る人は少なく、寝返りで横向きになることも。特に、横向き寝を好むのは女性に多いようです。

(ギリコもそうです)

この場合には、枕の高さを肩幅に合わせ、脊柱を真っすぐに保つことが求められます。

脊柱が真っすぐに維持された状態と、そうでない状態

肩幅の高さがあると、脊柱が真っすぐに維持されて、体に負担がなく快適に眠れ、低すぎると、脊柱が歪みます。

首や背中の筋肉が緊張し、さまざまな不調の原因になることも。

 

 

 

理想の枕の条件がわかったら、さっそく今度の週末はお買い物だ~!と張り切るギリコ。

銀座~京橋~日本橋に出没予定です。

 

 

 

奥山隆保さん……1936年生まれ。整形外科医。「さつきが丘医院」院長。整形外科医の経験から、いち早く枕が体に与える影響に着目し、枕研究を始める。「枕博士」の愛称で各メディアでも活躍。

 

 

 

イラスト/内藤しなこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル