HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/90272/

自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です①水野真紀さん

マイエイジ/アワエイジ世代になると、歯のトラブルを訴える人が急増! 「以前治療した歯がまた痛くなった」「虫歯でもないのにズキズキする」「抜歯するしかないと言われたけれど、本当に温存する方法はないの?」「インプラントはなんとなく怖い」「歯周病から菌が全身に回るってホント?」など、悩みと疑問がいっぱい。

 

実は歯のトラブルは、口腔内だけの問題にとどまらず、全身へ関与していることも。嚙み締める癖や安易に削る咬合治療から、全身の骨格の歪みへ。また、歯周病菌が血管から入って、さまざまな病気の原因になることもあるのです。

 

これから一生自分の歯で嚙み、健康でいるために、今、やっておくべきこと、やってはいけないこととは? 正しい最前線の知識を身につけデンタルIQを高めることで、歯から賢く美と健康を手に入れましょう!

 

まず最初にご紹介するのは、歯に高い意識を持つ人たちのデンタルケア。健康の要である歯にも、年齢は表れます。人に見られる仕事をしている人たちは、日々どのようなケアを心がけているのでしょう? 歯の美しさに定評のある3人に伺いました。今回は女優の水野真紀さんです。

 

 

 

 

「不自然に若い白さより、
年齢なりの美しさを
感じる歯が理想です」
デンタルIQ 水野真紀さん

ニット¥34,000・シャツ¥24,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) ピアス¥23,000・ネックレス¥26,000・リング¥19,000/デペッシュモード恵比寿本店(キョーコ ホンダ ニューヨーク)

 

 

水野真紀さん

Maki Mizuno

1970年生まれ。’87年に第2回「東宝シンデレラ」コンテストで審査員特別賞を受賞し、NHK連続テレビ小説「凛凛と」でデビュー。12月17日(土)より映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語』が公開に

 

 

 

祖母、母、私。
母娘三代で、歯にこだわって

 

美しい歯並びが印象的な水野真紀さん。歯に対する意識の高い家庭に育ち、今年76歳になるお母さまも、差し歯や入れ歯はゼロ。すべて自分の歯だというのですから、さすがです。

 

「亡くなった大正生まれの祖母は、彼女の世代としては珍しく歯のケアにうるさい人でした。生前よく『歯は宝』と口にしていて、娘である母には戦後すぐに矯正をさせたそうです。私の家はごく普通のサラリーマン家庭でしたが、当然のように私と姉も、小学6年から中学3年にかけて矯正をしていました。歯は人の印象を左右する重要なパーツだけに、今になって親の気遣いをありがたく思います」

 

祖母、母、娘と、母娘三代で歯にこだわってきた水野さん。長年通っている保険診療と自由診療併用の歯科医院では、3~4カ月に1度のペースでクリーニングを受けているそう。

 

「お恥ずかしい話ですが、20歳の頃の私の歯は真っ黄色でした。歯茎が弱かった父に『歯そのものより歯茎を重点的に磨け』と言われてその通りにしていたせいです(笑)。その後、歯科医院のクリーニングで黄ばみを取ってもらって以来、定期的なメンテナンスを欠かしたことはありません。母と息子も、私と同じところに通っています」

 

過去にはホワイトニングをしたこともあるものの、今後はしばらくやる予定はないのだとか。その理由は?「顔は老いていくのに、歯だけが不自然に若々しく白いのはバランスが悪いと思うからです。それより嚙み合わせや歯周病予防など、歯を健康に保つことを心がけていきたいですね」

 

 

 

次のページでは水野さんのホームケアをご紹介。

仕事柄、色素沈着には
気をつけています

 

女優という仕事柄、気になるのは色素沈着。歯科医院でクリーニングする以外にも、さまざまな方法でホームケアをしています。

 

「私は唾液の粘性が強いため、歯に色がつきやすいのだそうです。コーヒーが好きでよく飲むのですが、歯が黒ずんでしまうため、ドラマの仕事が入っているときはじっとガマン!(笑)。つい飲んでしまった際はすぐに歯を磨くか、歯専用の消しゴムぺーストでささっとこすり落とします。ほかにも金属製のピックを使うなど、歯の表面の汚れを落とすためのグッズはいつも持ち歩いています」

 

ホームケアでは、電動歯ブラシと普通の歯ブラシを使い分け。自宅では電動、外出先では普通の歯ブラシを使うことが多いとか。

 

「朝昼晩と、食事の後は必ず磨きます。電動の場合、磨きすぎて歯の表面を削ってしまうのが怖いので、歯磨き粉はつけません。口の中をミントの香りでさっぱりさせたいなと思うときは、仕上げに普通の歯ブラシに少しだけ歯磨き粉をつけて。歯垢・歯石予防のため、デンタルフロスも欠かしません。お気に入りの持ちやすいタイプのフロスを、いつもバッグの中に入れています」

 

また、寝ている間に歯ぎしりをする癖がある水野さんは、就寝時にマウスピースをつけることも。時に奥歯を嚙みしめていることもあるので、気をつけているといいます。「これからは、歯茎の痩せも気にしないといけない年齢になりますしね。歯も体も健康を第一に考え、上手に年を重ねていきたいです」

 

 

 

歯の色素沈着を防ぐため
外出先でもマメなケアを

デンタルIQ 水野さん 歯磨き粉

1.歯科医のすすめで選んだ歯磨き粉。

シティースホワイトEX(医薬部外品)/第一三共ヘルスケア

 

2.気になる歯の汚れを手軽に落とせる歯の消しゴム。

シロティ&ビー ポリシュセット/ビーブランド・メディコーデンタル

 

3.丸みのあるケースで使いやすい。

クリニカ アドバンテージ スポンジフロス/ライオン

 

 

デンタルIQ 水野さん 歯ブラシ

4.使いやすさとデザイン性で愛用中。大好きなピンクを選んで。

ソニッケアー ヘルシーホワイト/フィリップス

 

5.水野さんは丸形状のほうのピックを使用して歯の汚れをケア。

歯石屋くん ピック&ピック/マインドアップ

 

6.歯ブラシは雑貨店で見つけたケースに入れて

 

7.歯ブラシの毛先が細くなっているので使いやすい。

ガム・デンタルブラシ#211/サンスター

 

 

 

 

次回は中島史恵さんのデンタルケアをご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

 

撮影/森山竜男 ヘア&メイク/根津静江 スタイリスト/村井 緑

取材・原文/上田恵子 山村浩子

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です②中島史恵さん

この連載の最新記事

まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

第24回/まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

第23回/〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

第22回/進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル