HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/more/294485/

うつ病の人の体温は1日中高い傾向があるってホント?/意外に知らない「体温」の知識<3>

体温は生体から発せられる信号のひとつともいえます。ストレスなどで夜も眠れないといったうつ病の状態と、体温の関係を国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授の岡孝和先生に伺いました。

 

うつ病の人の体温は一日中高い傾向がある

「夜型の生活を続けていると、本来は体温を下げて体を休める状態になるところ、体温が下がらないため睡眠障害を発症するようになります。うつ病の人にも睡眠障害がよく見られます」(岡 孝和先生)

 

実際に、うつ病患者の体温を測ったグラフを見ると、全体的に高いのですが、特に夜間の体温の低下が少なく、昼と夜の体温の差があまりないことがわかります。

 

「きちんとうつ病の治療をすると、体温の異常も治っていきます」(岡 孝和先生)

 

うつ病患者の体温は一日中高い

うつ病患者の体温は一日中高いグラフ

Szuba MP,et al.,Biol Psychiatry 15,42(12);1130-1137,1997. より改変

 

うつ病の人は健康な人と比べると、夜間の体温の下がり方が少なく、十分に休めていないことが考えられます

 

 

お話を伺ったのは

岡 孝和さん 国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授

岡 孝和さん
Takakazu Oka

国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授。産業医科大学医学部講師、九州大学大学院医学研究院心身医学分野准教授を経て、2017年より現職。’20年より国際医療福祉大学成田病院心療内科部長を兼任

 

 

構成・原文/山村浩子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第9回/体温リズムと睡眠の密接な関係とは?/意外に知らない「体温」の知識<2>

次の記事>

次の記事>
第11回/慢性的なストレスで体温が高くなる理由は?/意外に知らない「体温」の知識<4>

この連載の最新記事

快眠のための夜の過ごし方。夕食やお風呂は?/睡眠と深部体温<夜編>

第13回/快眠のための夜の過ごし方。夕食やお風呂は?/睡眠と深部体温<夜編>

よい睡眠につながる深部体温のリズムを整える大切な朝の行動とは?/睡眠と深部体温<朝・昼編>

第12回/よい睡眠につながる深部体温のリズムを整える大切な朝の行動とは?/睡眠と深部体温<朝・昼編>

慢性的なストレスで体温が高くなる理由は?/意外に知らない「体温」の知識<4>

第11回/慢性的なストレスで体温が高くなる理由は?/意外に知らない「体温」の知識<4>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル