HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/more/293783/

体温リズムと睡眠の密接な関係とは?/意外に知らない「体温」の知識<2>

体温の変動と睡眠には密接な関係があるといわれています。国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授の岡孝和先生に詳しく伺いました。

 

体温の変動睡眠は、おおいに関連しています

「睡眠時の体温は通常、若い人では明け方4~6時頃が最も低くなり、それから上がりはじめます。しかし高齢になると、2~3時頃から上がりはじめる傾向があり、そのため朝早く目覚めてしまうのです。

 

また、睡眠が深いほど体温が大きく低下します。このとき体は手足の皮膚血管を開き、熱を逃がして体温を下げます。布団に入るときに手足が冷たいと、放熱がうまくいかず、体温が下がりにくいので、眠れなくなります」(岡 孝和先生)

 

若者と高齢者の体温リズム

若者と高齢者の体温リズム

Duffy JF et al.,Am J Physiol 275;R1478-R1487,1988. より作成

 

高齢者は睡眠時の体温の低下が少なく、上がりはじめるタイミングが早いため、目が覚めるのも早くなる傾向に

 

睡眠が体温リズムに与える影響

睡眠が体温リズムに与える影響

睡眠 グラフ凡例

Aschoff J,Circadian control of body temperature. J Tnerm Biol. 1983;8(1-2):143-147.より改変

 

まったく眠らないと低下はわずかですが、夜間に睡眠をしっかりとると体温は大きく下がります

 

 

お話を伺ったのは

岡 孝和さん 国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授

岡 孝和さん
Takakazu Oka

国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授。産業医科大学医学部講師、九州大学大学院医学研究院心身医学分野准教授を経て、2017年より現職。’20年より国際医療福祉大学成田病院心療内科部長を兼任

 

 

構成・原文/山村浩子

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第8回/発熱したからと、むやみに解熱してはいけない理由/意外に知らない「体温」の知識<1…

次の記事>

次の記事>
第10回/うつ病の人の体温は1日中高い傾向があるってホント?/意外に知らない「体温」の知識…

この連載の最新記事

快眠のための夜の過ごし方。夕食やお風呂は?/睡眠と深部体温<夜編>

第13回/快眠のための夜の過ごし方。夕食やお風呂は?/睡眠と深部体温<夜編>

よい睡眠につながる深部体温のリズムを整える大切な朝の行動とは?/睡眠と深部体温<朝・昼編>

第12回/よい睡眠につながる深部体温のリズムを整える大切な朝の行動とは?/睡眠と深部体温<朝・昼編>

慢性的なストレスで体温が高くなる理由は?/意外に知らない「体温」の知識<4>

第11回/慢性的なストレスで体温が高くなる理由は?/意外に知らない「体温」の知識<4>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル