HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/more/314297/

乳がんの放射線治療の影響について、私の場合/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

都内在住の50代会社員。2019年5月に乳がんと診断される。仕事を続けながら10月までに3回にわたる手術を経て、2020年1月に放射線治療が終了。現在は、10年間にわたるホルモン療法薬の服薬を継続、年に一度の検診で経過観察中。放射線治療中も継続したランニングの趣味が高じて、ランニングアドバイザー、スポーツ医学検定2級、ナヴィゲーションスキル シルバーレベル等の資格を持つ。「琉球茶道ぶくぶく茶」東京分室主催。元おでかけ女史組メンバー。

 

記事一覧を見る

2019年春に乳がんの手術を受けた50代のhijiriさん。検査から手術の流れ、その後の治療、定期検査まで、実体験を随時報告してくれています。放射線治療の間もランニングを続けていたという過去の記述に、読者からお問い合わせが。「放射線治療中につらさはなかったのでしょうか?」今回は、その返答です。

ブログを読んだ読者の方から、ご質問のメールをいただきました。
このような反応やご質問をいただくのは、この連載を続けることで自分の体験が誰かの役にたつといいなと思っている私にとって、とてもうれしいことです。

 

読者の方からのご質問にお答えします

 

「記事の中で放射線治療が出てきますが、その事について質問があります。
質問は放射線治療中の生活やお仕事などへの影響です。
今まで目にしたものは放射線治療は倦怠感や辛さ等で仕事どころか生活もままならないという感じのものが多いです。
hijiriさんは仕事もされて走ることもされていたようですが、放射線治療による体調や気持ちへの影響など教えて頂けたらと思いました。
生活面などあまり変化はなかったのでしょうか?
実際の辛さなどは記事ではあえて書かなかったのでしょうか?(抜粋)」

 

あらためて振り返ってみたのですが、あえて書かなかったということはなく、やっぱりそこまでつらかった記憶がありません。
もちろん通常の状態に比べればしんどかったですが、どちらかというとただひたすら眠い(だるい)症状が主だったように覚えています。

 

寝込むほど、ということはほとんどなかったですし、吐き気もありませんでした。髪の毛も抜けなかったですし、白髪は増えましたが今も美容師に質は褒められるくらいです。

 

ブログ(第19回第20回)に書いたように無理をしないように気を付けていたこともあるとは思うものの、そもそもランニングを医者に止められた記憶もありません。
病院通いと短い距離のランニング以外は仕事もリモートでほぼ家にいましたから、実際はそこまでの活動量ではなかったのかもしれませんが、それにしたってなんだかいただいたご質問と自分の経験がかけ離れすぎている気がします。

 

能天気さは自覚していますし体力もある方かもしれませんが、私ってそこまで超人だったっけ??

hijiriさん スーパーヒジリ

一般的ながん治療のイメージとは

 

いろいろネットでも調べてみると、一般的な放射線治療の副作用ってだいたいこんな風に思われているのかな、と感じました。

 

・倦怠感
・吐き気
・髪の毛が抜ける
・痩せていく
・鬱っぽくなる(これはもしかしたらエストロゲンを抑える薬のせい?)

 

ここから、生活もままならない、がんばって闘病しなければいけないというイメージが生まれるのですね。映画やドラマなどでも、治療のつらさが描かれています。

 

そこから考えると、確かに私の症状は、とても軽く感じられますね。
ご質問ももっともだと思います。

 

がん治療には、主に放射線治療と薬物治療(抗がん剤治療)の2つがあることは知られていますが、私は放射線治療は受けましたが抗がん剤治療は受ませんでした。治療の方針もいろいろあり、最終的に選んだ治療方針には、薬物治療は含まれていなかったからです。

hijiriさん 体力

そんなことから、よりつらい副作用を感じるのは、放射線治療よりも抗がん剤治療なのではないかと想像しています。
4月にまた定期健診に行くので、放射線科の主治医(通常の検診のほかに、放射線後の状態を見るために毎回受診しています)にも上記を確認してみようと思っています。結果はまたご報告しますね。

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第53回/家族ががんと診断されたら、心配しすぎず、まずは標準治療を/50代。乳がんサバイバ…

次の記事>

次の記事>
第55回/がんの標準治療がなぜいいのか。「起立性調節障害」という病気から学んだこと/50代…

この連載の最新記事

家事を頑張れば乳がんにならない?乳がんを防ぐためにできること/50代。乳がんサバイバーになりました。

第67回/家事を頑張れば乳がんにならない?乳がんを防ぐためにできること/50代。乳がんサバイバーになりました。

むしろしっかり食べるべき!運動で”ダイエット”するなら気を付けたいこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

第66回/むしろしっかり食べるべき!運動で”ダイエット”するなら気を付けたいこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

運動は万能薬?ランニングがうつ病の薬といわれていることを知っていますか?/50代。乳がんサバイバーになりました。

第65回/運動は万能薬?ランニングがうつ病の薬といわれていることを知っていますか?/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル