OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/205657/

次は放射線治療。患部を見るたび少し情けない気持ちに…/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

おでかけ女史組メンバー。都内在住の50代。2019年5月に乳がんと診断される。10月までに3回にわたる手術を経て、2020年1月に放射線治療が終了。ホルモン治療を受けながら仕事を続けている。今後は年に一度の検査をこなしながら経過観察。

記事一覧を見る

手術フェーズは終了、放射線治療へ

 

少し話が前後してしまいますが、話は三度目の手術が終わったあたりまで巻き戻ります。

 

さて、またもや局所麻酔による意識ある手術を乗り越え、三度目も無事に終わりました。

入院も手術も三度目なので慣れたもの(笑)、術後の引きこもりもしっかりして、生検検査の結果をじりじりと待つこと1ヵ月。

 

やっと「全部取りきれた」というお墨付きを頂くことができたのです。いやはや、長かった!!

とはいえ、もちろん、これで終了というわけにはいきません。

(だったらいいんだけど)

まだ放射線治療が残っています。というわけで、ある意味馴染んだ乳腺科を後に放射線科に向かいました。

ここまでで、乳がんがわかってからざっと8ヶ月たっていました。

どうして放射線治療をするの

 

がんにおける放射線治療とは、ものすごく簡単に言ってしまうと、放射線(X線)をがん細胞に当てて、がん細胞のDNAを傷つけて死滅させたり分裂を抑止するために行います。つまり、放射線を当てれば、再発を抑制できたり、もしかして転移しているがんがあったとしても、ある程度がん細胞の死滅や抑止に効果が期待できるわけです。ですから、以前にも書きましたが全摘の場合は必要ありません。

 

ただ、放射線は正常な細胞にも影響を与えるので、いいことばかりではありません。副作用にも注意が必要です。

そのため、できる限り範囲を患部に限って当てなければいけないのです。

 

当てる回数は、放射線科の医師の診察を経て決定されます。

量ではなくて、何ヶ所に当てるか(門というそうです)、どこに当てるか、細かく計画を立てます。ちなみに細かい話ですが、診察の結果、計画が変わる場合は診察代が新たにかかるそうで、パーソナルトレーニングの計画を立てるみたいな感じかもしれません。(やったことないのでイメージ。)

 

その結果、私の治療方針として、当てる回数は30回。患部である左乳房に向けて4門照射25回、残り5回はブースト(追加)照射で狭い範囲をピンポイントで照射する、ということになりました。

周りの経験者などの話からも、通常だと週に5日、5週間ぐらいで計25回が目安のようですが、私の場合は手術が3回と治療期間がかなり伸びてしまったこともあって少し長めに設定されたようです。

 

照射時間は1人1回当たり10分程度。私が通う病院では着替えも含めて20分刻みで予約ができるようでした。

焼きすぎた焼き鳥みたい

 

放射線科では、最初にまずCTを受けます。放射線の照射範囲を特定するためです。

私の場合は、切除した左胸の上部を中心としてその周囲が対象です。

当てる場所が決まったら、胸に直接(!)マジックで印を書かれます。

これが結構シュール。なんとなく肉屋にある肉の部位の分類図みたいです。

 

この印は消えないようにしないといけないのですが、汗やシャワーで結構消えてしまうのでものすごく気を遣います。放射線技師さんのお話によると、肌が乾燥しがちな年配の方だと肌にしみこむ(!)のかあまり消えにくいのだけど、若い人のハリのある肌だと消えやすいとのこと。

そうか、消えやすいのは、肌が若いからだ! とちょっと嬉しく感じたものの、本当にちょっとこするとすぐに消えてしまうんですよ。割と汗をかきやすい体質なのもあるかもしれません。

おかげで、放射線治療期間中はシャワーも運動もすごく気を遣いました。

正直、すごく疲れました(笑)

 

下着に色もついてしまうので、購入したばかりのお気に入りのベージュのキャミソールは残念ながら捨てることに(涙)。

照射しているときはこんな感じです。

 

放射線を当てている間は微動だにできません。身体を動かすと、せっかく印に合わせて照射角度をセッティングしたのに、それがずれてしまうからです。

 

両手をあげた格好で腕などは固定してくれるのでそこまで大変ではありませんが、客観的に考えると凹みそうなポーズなのでとりあえず考えないようにします。もちろん、胸にタオルをかけてくれたり、照射直前までケープを着させてくれたりと細やかに気遣いはしてくれます。

 

放射線は当てても別に痛くはありません。見た目は、例えていえば日焼けのようなものです。

 

10日ほどは特に目に見える変化もなく、なんとなく拍子抜けしたのですが、だんだん色が変わってきます。3週間もたつとこんがり茶色になり、だんだん表皮の部分(?)が黒ずんできて、まさに焼き過ぎた焼き鳥みたいです。

 

さらに進むと皮がボロボロしてきて、かさついて痒くなるので保湿も必須なのですが、通常のクリームだと油分が多く印が消えてしまうので、処方された乳液のようなものをそっと塗るようにしていました。

 

手術直後を除くと、ビジュアル的には一番汚く感じた時期かもしれません。さらにそこにマジックででかでかと印がかかれているわけで、正直、鏡で見るたびに投げやりな気分というか、凹んだ気分になりがちでした。

左胸の上部から脇にかけて。3週間目くらいの状態です。切ったのはこの下辺りです。

(少しぼかしたものの、お目汚しですみません・・・。)

あと一ヵ月の我慢、と自分に言い聞かせて、毎日せっせと病院に通う日々が続きました。

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第18回/がん患者の私が言われてうれしい言葉は…/50代。乳がんサバイバーになりました。…

次の記事>

次の記事>
第20回/頑張ったね、私。やっと経過観察でOKに/50代。乳がんサバイバーになりました。…

この連載の最新記事

子宮体がんの検査のためにMRIを受けてきました/50代。乳がんサバイバーになりました。

第35回/子宮体がんの検査のためにMRIを受けてきました/50代。乳がんサバイバーになりました。

婦人科検診で引っ掛かった!/50代。乳がんサバイバーになりました。

第34回/婦人科検診で引っ掛かった!/50代。乳がんサバイバーになりました。

海外生活が教えてくれたこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

第33回/海外生活が教えてくれたこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル