HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/240558/

15年後の『マーガレット・ハウエルの「家」』

マドレーヌ

マドレーヌ

定年女子。主に雑誌「LEE」、サイト「OurAge」などで38年間、会社員編集者を続け2021年春に定年。現在はサイト「OurAge」とムック「MyAge」で週3ワーク中。冷え性で365日ソックス着用。アイスクリームは25年以上食べていません。趣味はガーデニング、サッカー観戦、筋膜リリース、コロナ禍にはじめたジョギング。若い頃はパリかぶれで、ペンネームはフランスの絵本の主人公から。

記事一覧を見る

『マーガレット・ハウエルの「家」』 が出て15年がたちました

マーガレット・ハウエルの「家」アーコールの椅子の上

『マーガレット・ハウエルの「家」』(集英社)を、書店やマーガレット・ハウエルのショップでご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。もしかしたら、ご自身の本棚に並んでいる方もおられるかも?
2006年に刊行されたこの本は、昨年8月、なんと5年ぶりに重版がかかり10刷になりました。

マーガレット・ハウエルの「家」奥付

10刷の奥付です。

 

マーガレット・ハウエルさんとの出会いは、上司の命令から

1989年、女性誌「LEE」の編集者だった20代の私は、当時の副編集長に命ぜられるままにロンドンのデザイナー、マーガレット・ハウエルさんのご自宅を取材させていただきました。その2日間で私は彼女の着こなしはもとより、暮らしぶり、考え方にすっかり魅了されてしまいました。作るもの、選ぶものへの強い信念、生み出す確固たる世界観…すべてが新鮮で、今考えると、そのとき私は「編集者としての目」を見開かされたように思います。その後17年間、ストーカー編集者と周囲に笑われながらも、マーガレットの「暮らし」や「言葉」を知りたくて数年ごとに取材を依頼。2006年にはミッドセンチュリースタイルの別荘を持った彼女を取材し、その17年間を1冊の本にまとめました。それが『マーガレット・ハウエルの「家」』です。

 

2000年代後半に、LEEで暮らしや旅など計10冊の書籍を作る機会に恵まれましたが、売れ行きの良い本でも、重版がかかるのはほぼ刊行から2~3年後まで。15年ものロングセラーになったのはこの本だけです。マーガレット・ハウエルの持つ魅力(パワーと言ったほうがしっくりくるかもしれません)が桁違いに大きかったことと、彼女がいち早く気づかせてくれたミッドセンチュリー・デザインの価値が、今も世界で輝き続けている証だと思います。

 

左が2006年の初版、右が2020年の10刷です。

マーガレット・ハウエルの「家」初版と10刷

そっくりで当然だと思われるでしょうが、こんなに版を重ね、月日がたっても変わらぬ用紙で変わらぬ印刷をするのは、印刷所さん、制作部、編集者にとってもなかなか気合いのいることです。とくに帯のグリーンは色も微妙で、前の版に色を合わせていったら、徐々に帯の色がずれてしまったことも。10刷は初版に忠実に戻せたので、当初の雰囲気をお楽しみいただけると思います。

 

デスクやロッカーから出てきた過去のお宝デザイン

実は、今回マーガレット・ハウエルさんのことを書こうと思ったのは、会社のデスクやロッカーを整理していたら、こんなお宝が出てきたから。

 

マーガレットが制作した、素晴らしいグラフィックデザインのカレンダーです。その年ごとに、ミッドセンチュリーの建築物だったり、当時のポスターだったり、彫刻家Barbara Hepworth(バーバラ・ヘップワース)の作品集だったり…マーガレットがみんなに知ってほしいと考えるさまざまな分野のブリティッシュデザインが特集されています。

マーガレット・ハウエルが作ったカレンダー

 

こちらはロンドンのマーガレット・ハウエルのショップでのエキジビションに向けたミニポスター。アーコールの椅子やアングルポイズの照明、スパンハウジング(ミッドセンチュリーにスパンデベロップメント社が開発した集合住宅)など。久々に広げて見ましたが、相変わらずかっこよくて、ほれぼれします。

マーガレット・ハウエルのエキジビションポスター

 

我が家にもマーガレットが気に入ってショップで扱っていたブリティッシュ・プロダクトがいろいろあります。どれも古びぬ魅力が続きます。

マーガレット・ハウエルのショップで扱っている器デンビーなど

マーガレット・ハウエルのショップで扱っている器など寄り写真

 

15年後のマーガレット・ハウエルさんの「家」は…

先日、マーガレット・ハウエルのプレスの方から伺ったのですが、昨年2020年はマーガレットが自身のブランドをスタートして50周年だったそう。延期になった記念のイベントが、今年5月に行われる予定だそうですよ。

また、最近のマーガレットですが、70代になった今ももちろんデザインを続けていて、時には娘のミリアムのお子さん、つまりお孫さんふたりを預かることもあるとか!

 

『マーガレット・ハウエルの「家」』の表紙にもなったミッドセンチュリー建築の別荘は、そのまま大切に住み続けています。

そして! 本の中で紹介し、マーガレットが約30年住んだロンドンの家を、2~3年前に住み替え。現在は新しい家のリノベーションにこだわりを持って取り組んでいるのだそうです。

70代でなおクリエイティブなマーガレット、やっぱりすごいです。

 

さて、『マーガレット・ハウエルの「家」』を刊行した時、帯のコピーはそれまでの17年間を表したこの言葉にしよう、とすぐに決めました。

 

みんな、彼女のインテリアスタイルを見てセンスを磨いてきた

 

それから15年。
今回の 「50代あるある(かもしれない)川柳」 は、マーガレットに出会って32年、私の思いです。

 

人生は マーガレットが 先生だった

 

 『マーガレット・ハウエルの「家」』 詳細・ネット書店のご案内はこちら

 

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第237回/髪の中心部「メデュラ」のダメージが進んだ「シワ髪」に。ピトレティカ ジャグアウト…

次の記事>

次の記事>
第239回/「桜のトンネル」が見事な400本の桜並木は秘密のお花見スポットです

この連載の最新記事

【50代のヘアケア】白髪染めとパーマで傷んだ髪にツヤ、ハリ、しなやかさが戻ってきた!髪質改善のために真っ先にやったことは…<おすすめアイテムの紹介つき>

第560回/【50代のヘアケア】白髪染めとパーマで傷んだ髪にツヤ、ハリ、しなやかさが戻ってきた!髪質改善のために真っ先にやったことは…<おすすめアイテムの紹介つき>

「マティス 自由なフォルム」に行って号泣した思い出に浸った件

第559回/「マティス 自由なフォルム」に行って号泣した思い出に浸った件

手荒れなし、シミも油も落とす!植物由来100%のイルメロのソープとクリーナーに出会いました!

第558回/手荒れなし、シミも油も落とす!植物由来100%のイルメロのソープとクリーナーに出会いました!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル